カムチャダール語(読み)カムチャダールご(英語表記)Kamchadal language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カムチャダール語
カムチャダールご
Kamchadal language

古シベリア諸語の一つで,チュクチ語コリャーク語とともにルオラウェトラン語族 (単にルオラウェトラン語ともいう) をなす。カムチャツカ半島にいくつかの島をなし,約 2500人に話されている。ロシアではこの民族の自称に基づき,イテリメン語ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カムチャダールご【カムチャダール語 Kamchadal】

チュクチ・カムチャツカ語族の言語。しかし(抱合語でないなど)他の同系語とは異なる特色がいくつかあり,親近性の隔たりが大きい。ロシア人との接触(17世紀末)以後急速に活力が衰え,消滅した方言もあるが,カムチャツカ半島北西部において約400人の話し手がロシア語の影響を強く受けた方言を保持している。カムチャダールという名称は完全にロシア化した原住民をさすこともあるため,民族の自称によって〈イテリメン語Itel’men〉とも呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カムチャダール‐ご【カムチャダール語】

〘名〙 カムチャツカ半島の西部に居住しているイテリメン人によって話されている言語。古アジア諸語のチュクチ・カムチャツカ語族に属するとみなされている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android