コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カモメラン カモメランGymnadenia cyclochila

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カモメラン
Gymnadenia cyclochila

ラン科の多年草。本州中部より北の山地の林内に自生するランで,広楕円形の葉を1枚だけつける。地下には短い根茎と,長い根を数本出し,茎は高さ 10~20cmになる。初夏に,茎の上部に淡紅色の花を2~3花つける。唇弁だけが特に大きく,浅く3つに裂け,淡紅色の地に濃色の斑点があって美しい。他の5枚の花被片は細く小さくて目立たない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カモメラン
かもめらん / 鴎蘭
[学]Orchis cyclochila (Fr. et Sav.) Maxim.

ラン科の多年草。塊茎および塊根は長く伸長し、あまり肥厚しない。花茎は10~15センチメートル。広楕円(こうだえん)形の葉を1枚、地表近くに展開する。6~7月、頂生花序に約1センチメートルの淡紅色の花を2、3個つける。萼片(がくへん)と花弁は兜(かぶと)状になる。唇弁は広楕円形でやや3裂し、細く、長さ7~10ミリメートルの距(きょ)がある。冷温帯から亜寒帯の林床または林縁に生育し、北海道、本州の中・北部、四国、さらに樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮、ウスリーに分布する。名は、花の姿をカモメ(鴎)に見立てたものと考えられる。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カモメランの関連キーワード一葉千鳥ラン科井上鴎草

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android