コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カユプテ カユプテ 〈マレー〉kajuputih

3件 の用語解説(カユプテの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カユプテ(〈マレー〉kajuputih)

カヤプテ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カユプテ【cajeput tree】

葉から油を採るフトモモ科の常緑高木で高さ10~20mとなる。通常,マングローブ林のすぐ後方の湿地に生え,群生する。樹皮はシラカバに似て灰白色,紙状でまき重なり,不規則に薄片となってはげるが,内皮はコルク質である。葉は短い柄を有し,互生,革質で長楕円形ないし披針形,多くの縦の平行脈があり,長さ5~17cm,両端はとがり,もめば芳香がある。花は小さく長さ3~5cmの花序に穂状につき,花弁は5枚で黄白色,時に紅色,長さ2~3mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カユプテ【kayūpūtih】

フトモモ科の常緑高木。高さ20メートルになる。マレーシアからオーストラリア北部にかけて分布し、湿地に群生する。枝葉を蒸留して得られる油は鎮痛薬・芳香薬などに用いる。カヤプテ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カユプテの関連キーワード油椰子カヤプテ鼠子蒲桃ベーラム山桃カウリユーカリの木チョウジヤマモモ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カユプテの関連情報