コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カライトソウ

百科事典マイペディアの解説

カライトソウ

本州中部の日本海側の高山にはえるバラ科の多年草根出葉羽状複葉で9〜13枚の長楕円形の小葉に分かれ,下面は粉白色を帯びる。花穂は紅紫色,長楕円形で長さ5〜10cm,初秋,茎頂に数個つき,先はうなだれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カライトソウ
からいとそう / 唐糸草
[学]Sanguisorba hakusanensis Makino

バラ科の多年草。高さ40~80センチメートル、ほとんど毛がない。根出葉は羽状複葉、小葉は9~13枚、楕円(だえん)形、先は円く、縁(へり)に粗い鋸歯(きょし)がある。7~8月、枝の先に密な穂状花序をつくる。花序は下垂し、円柱形で長さ5~10センチメートル、紅紫色、先端から開花する。花弁はなく、萼片(がくへん)は4枚、雄しべは6~12本で萼片よりはるかに長い。花糸は紅紫色で、上部は幅広くなる。果実は痩果(そうか)で、萼筒に包まれる。本州中部地方のおもに日本海側の亜高山から高山にみられ、変種が朝鮮にも分布する。名は、この植物の美しい花糸を中国産の唐糸(からいと)に見立てたもの。下垂する花序が紅紫色で葉も類似するエゾノトウウチソウS. japonensis (Makino) Kudoは、雄しべ4本、花は基部から開き始めるので区別できる。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカライトソウの言及

【ワレモコウ】より

…コバナノワレモコウS.tenuifolia Fisch.(イラスト)の仲間は,北海道から九州までの湿った土地によく生じ,植物体の大きさ,花の色などで,ナガボノシロワレモコウやナガボノアカワレモコウが区別される。また,高山帯に生える種類もあり,シロバナトウチソウS.albiflora Makinoは本州の北部に,タカネトウチソウS.stipulata Rafin.は北海道,本州中部などに,栽植もされるカライトソウS.hakusanensis Makino(イラスト)は本州中部に,ナンブトウチソウS.obtusa Maxim.は東北地方(早池峰山)に見られる。【山中 二男】。…

※「カライトソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カライトソウの関連キーワード唐打草

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android