コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカサタケ

百科事典マイペディアの解説

カラカサタケ

世界中に広く分布するハラタケ科の大型キノコ。夏〜秋,林内地上に発生。かさは径20cm内外,ふかふかした肉質で,上面は褐色,亀裂が多く,ひだは密生し白い。柄は長さ30cmに達し,太い柱状で細かい褐色の鱗片があり,基部はふくらむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラカサタケ
からかさたけ / 唐傘茸
[学]Lepiota procera (Fr.) S. F. Gray

担子菌類、マツタケ目ハラタケ科の食用キノコ。高さ30センチメートル、傘の径25センチメートル以上にもなる大形のキノコ。若い傘は褐色で、球状にすぼみ、径3~4センチメートル。傘が茎の頂端を包むので、全体はたんぽ槍(やり)に似る。柔軟な海綿質なので握っても砕けず、手を離せば元に戻るので、ニギリタケの名でもよばれる。傘は開くにつれて表皮は裂け、大きな褐色の鱗片(りんぺん)となり、白い地肌を現す。ひだは白色で茎に離生する。茎は長大、根元は球状に膨らみ、表面は褐色、細かく亀裂(きれつ)し、上端に指輪状のつばをつける。胞子紋は白。夏から秋にかけて林内の地上に生える。日本をはじめ世界各地に分布する。英名はparasol mushroomで、欧米でも広く親しまれ、食用にされる。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カラカサタケの関連キーワードparasol mushroomオオシロカラカサタケニギリタケ(握茸)握茸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android