コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカサタケ

2件 の用語解説(カラカサタケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カラカサタケ

世界中に広く分布するハラタケ科の大型キノコ。夏〜秋,林内地上に発生。かさは径20cm内外,ふかふかした肉質で,上面は褐色,亀裂が多く,ひだは密生し白い。柄は長さ30cmに達し,太い柱状で細かい褐色の鱗片があり,基部はふくらむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラカサタケ
からかさたけ / 唐傘茸
[学]Lepiota procera (Fr.) S. F. Gray

担子菌類、マツタケ目ハラタケ科の食用キノコ。高さ30センチメートル、傘の径25センチメートル以上にもなる大形のキノコ。若い傘は褐色で、球状にすぼみ、径3~4センチメートル。傘が茎の頂端を包むので、全体はたんぽ槍(やり)に似る。柔軟な海綿質なので握っても砕けず、手を離せば元に戻るので、ニギリタケの名でもよばれる。傘は開くにつれて表皮は裂け、大きな褐色の鱗片(りんぺん)となり、白い地肌を現す。ひだは白色で茎に離生する。茎は長大、根元は球状に膨らみ、表面は褐色、細かく亀裂(きれつ)し、上端に指輪状のつばをつける。胞子紋は白。夏から秋にかけて林内の地上に生える。日本をはじめ世界各地に分布する。英名はparasol mushroomで、欧米でも広く親しまれ、食用にされる。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラカサタケの関連キーワード原茸エノキタケクリタケシメジツキヨタケナラタケハラタケヒラタケホウキタケマイタケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone