コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカサタケ

百科事典マイペディアの解説

カラカサタケ

世界中に広く分布するハラタケ科の大型キノコ。夏〜秋,林内地上に発生。かさは径20cm内外,ふかふかした肉質で,上面は褐色,亀裂が多く,ひだは密生し白い。柄は長さ30cmに達し,太い柱状で細かい褐色の鱗片があり,基部はふくらむ。柄の上部には動きやすく厚いつばがある。食用だが生食は不可。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラカサタケ
からかさたけ / 唐傘茸
[学]Lepiota procera (Fr.) S. F. Gray

担子菌類、マツタケ目ハラタケ科の食用キノコ。高さ30センチメートル、傘の径25センチメートル以上にもなる大形のキノコ。若い傘は褐色で、球状にすぼみ、径3~4センチメートル。傘が茎の頂端を包むので、全体はたんぽ槍(やり)に似る。柔軟な海綿質なので握っても砕けず、手を離せば元に戻るので、ニギリタケの名でもよばれる。傘は開くにつれて表皮は裂け、大きな褐色の鱗片(りんぺん)となり、白い地肌を現す。ひだは白色で茎に離生する。茎は長大、根元は球状に膨らみ、表面は褐色、細かく亀裂(きれつ)し、上端に指輪状のつばをつける。胞子紋は白。夏から秋にかけて林内の地上に生える。日本をはじめ世界各地に分布する。英名はparasol mushroomで、欧米でも広く親しまれ、食用にされる。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android