コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラハン カラハンCallaghan, Morley Edward

5件 の用語解説(カラハンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラハン
カラハン
Callaghan, Morley Edward

[生]1903.9.22. トロント
[没]1990.8.25. トロント
カナダの小説家。アイルランド系。法律を専攻したが早くから作家として活躍,ヘミングウェーなど「失われた世代」の作家たちと交遊した。処女作『奇妙な逃亡者』 Strange Fugitive (1928) 以来,社会における個人のモラルを鋭く追求,社会主義キリスト教的愛に対する強い志向が作品の密度を高め,カナダの現存作家では群を抜いた存在。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カラハン
カラハン

キャラハン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カラハン(Lev Mikhaylovich Karakhan)

[1889~1937]ソ連の外交官。1919年、外務人民委員代理としてカラハン宣言を発表。1924年に中ソ協定、1925年に日ソ協定を結んで両国との国交を樹立、1928年には日ソ漁業条約を締結した。スターリンの大粛清で処刑された。本姓カラハニャン。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

カラハン【Lev Mikhailovich Karakhan】

1889~1937) ソ連の外交官。対中国不平等条約撤廃の「カラハン宣言」で有名。1924年中ソ協定、翌25年日ソ協定を締結。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラハン
からはん
Morley Edward Callaghan
(1903―1990)

カナダの小説家。アイルランド系。大学で法律を修めたが、在学中に地元紙の記者を勤め、結局作家としての道を歩むことになった。処女作『不思議な逃亡者』(1928)以来、『これぞわが愛する者』(1935)、『彼ら地を受けつがん』(1935)、『より大きな喜びが天に』(1937)、『愛と喪失』(1951)、『いろどれる衣』(1960)などの一連の長編小説で、人間倫理の問題を執拗(しつよう)にキリスト教的文脈のなかで追求した。カナダの作家では、もっとも倫理的志向が強く、また技法的にももっとも腕の確かな作家の一人であった。短編作家としても優れ、『モーリー・カラハン短編集』(1959)がある。ヘミングウェイをはじめ「失われた世代(ロスト・ジェネレーション)」の作家たちと交遊があり、『パリのあの夏』(1963)で1928年当時のパリを描いた。晩年の作に、イエスに対するユダの裏切りに材を取った『ユダの時』(1983)と、60年代のパリを主舞台に、ある老思想家の回心の顛末(てんまつ)を描いた『無鉄砲老人の道行き』(1988)がある。[平野敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カラハンの関連キーワードプラット修正ロシア映画キュリーククルイニクスイ幸徳秋水ブライアンアクリーションマグマ・ストーピングイラーセクイリンデン蜂起

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラハンの関連情報