コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラフトルリシジミ カラフトルリシジミ Vacciniina optilete

3件 の用語解説(カラフトルリシジミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラフトルリシジミ
カラフトルリシジミ
Vacciniina optilete

鱗翅目シジミチョウ科。国の天然記念物に指定されている昆虫の一つ。前翅の開張幅 25mm内外。雄の翅表は明るい紫色で,雌では多少紫色がかるが,地味なくすんだ色彩である。翅の裏面は灰褐色がかり,ヤマトシジミに似るが,より明瞭な黒紋をそなえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カラフトルリシジミ

鱗翅(りんし)目シジミチョウ科の1種。北海道中部および東部の高地に生息。幼虫はクロマメノキコケモモガンコウランを食べる。国外ではユーラシア大陸北部に広く分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラフトルリシジミ
からふとるりしじみ / 樺太瑠璃小灰蝶
cranberry blue
[学]Vacciniina optilete

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。ヨーロッパの北東部より東アジアの北部にわたるユーラシアの寒冷地に分布し、日本では北海道の特産種で、地域を定めず国の天然記念物に指定されている。北海道では高山チョウとして知られているが、1982年(昭和57)根室(ねむろ)の平地にも発生していることが発見された。日本の近隣地域では樺太(サハリン)、千島列島、朝鮮半島(北部山地)に分布する。年1回の発生で、7~8月に出現する。北海道で観察された食草はガンコウランおよびクロマメノキである。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカラフトルリシジミの言及

【高山蝶】より

…ミヤマシロチョウ,ベニヒカゲ,タカネヒカゲを除く残り6種はヨーロッパまで分布しているもので,日本では遺存種と見なしうるものである。北海道ではウスバキチョウ,ダイセツタカネヒカゲ,アサヒヒョウモン,クモマベニヒカゲ,カラフトルリシジミの5種が高山チョウと呼ばれ,後の3種はヨーロッパにも産する。本州の高山チョウのうち,オオイチモンジ,コヒオドシ,ベニヒカゲは北海道では平地や低山地にも見られるので高山チョウ扱いはされない。…

※「カラフトルリシジミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラフトルリシジミの関連キーワードウスバキチョウミドリシジミゴイシツバメシジミ小灰蝶三重県鳥羽市河内町鳥取県鳥取市馬場町山口県山口市吉敷海部〈町〉宮崎県串間市大納シジミチョウ(蜆蝶∥小灰蝶)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone