コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルキ Kalki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルキ
Kalki

インド神話のビシュヌ神の化身の一つ。カルキンともいう。聖典の権威が失われ,人間の寿命がわずか 23歳になる末世に,ビシュヌ神はカルキという人物として出現し,邪悪を滅ぼし正信を救うという。抜刀して白馬に乗る姿で描かれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カルキ

ドイツ語Chlorkalkさらし粉)の略。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルキ

オランダ語のkalk,ドイツ語のKalkの転訛した言葉で石灰の意。カルクともいう。日本では加爾基とも書かれた。また,ドイツ語のChlorkalkの略で,さらし粉をさす。【編集部】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルキ
かるき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカルキの言及

【さらし粉(晒粉)】より

…漂白粉,カルキともいう。次亜塩素酸カルシウムを有効成分とする白色粉末で,アルコールや水によく溶ける。…

※「カルキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カルキの関連キーワードカンパノ=エトルリア文字メカニカル式キーボードキーラン カルキンブリュエンニオスさらし粉(晒粉)機械式キーボード高度浄水処理施設レランチンの戦いカリキュレーターエウボイア[島]レラントスの戦ドデカネス諸島クロールカルキペトラローナ人テルマイコス湾イアンブリコスアリストテレスさらし(晒)粉ゴア ビダールフォルミオン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルキの関連情報