カルキ(英語表記)Kalki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルキ
Kalki

インド神話のビシュヌ神の化身の一つ。カルキンともいう。聖典の権威が失われ,人間の寿命がわずか 23歳になる末世に,ビシュヌ神はカルキという人物として出現し,邪悪を滅ぼし正信を救うという。抜刀して白馬に乗る姿で描かれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルキ

オランダ語のkalk,ドイツ語のKalkの転訛した言葉で石灰の意。カルクともいう。日本では加爾基とも書かれた。また,ドイツ語のChlorkalkの略で,さらし粉をさす。【編集部】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カルキ

〘名〙 (kalk Kalk 「石灰」の意)
① 石灰。〔植学啓原(1833)〕
② (「クロールカルキ」の略) さらし粉。
※紫陽花(1955)〈梅崎春生〉「水はなまぬるく、カルキくさかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のカルキの言及

【さらし粉(晒粉)】より

…漂白粉,カルキともいう。次亜塩素酸カルシウムを有効成分とする白色粉末で,アルコールや水によく溶ける。…

※「カルキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルキの関連情報