カレル(英語表記)Carrel, Alexis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレル
Carrel, Alexis

[生]1873.6.28. リヨン
[没]1944.11.5. パリ
フランスの外科医,社会学者,生物学者。 1900年,リヨン大学で学位取得。 04年カナダへ,翌年アメリカに渡ってシカゴ大学に入り,次いでニューヨークのロックフェラー医学研究所に移る。そこで組織の体外培養を研究。実験に用いたニワトリの心臓組織が 30年あまり生き続け「不死の鶏」と呼ばれた。 12年,血管縫合法の開発と血管および臓器移植の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞。第1次世界大戦の際にはフランスに戻り,夫人とともに従軍して,カレル=デーキン法と呼ばれる灌流法や輸液法の応用で傷病兵の救護に活躍した。 19年から第2次世界大戦が始るまではロックフェラー研究所に戻ったが,大戦時にはフランス公衆衛生省の委員となり,41年パリの人間問題研究財団理事となった。主著『人間-この未知なるもの』 Man,the Unknown (1935) ,『臓器培養』 The Culture of Organs (38) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カレル(Alexis Carrel)

[1873~1944]フランスの外科医・生理学者。1905年、米国へ移住。血管縫合術を完成。臓器移植を研究、組織培養法を確立し、現代の生命観に影響を与えた。1912年ノーベル生理学医学賞受賞。著「人間―この未知なるもの」ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カレル

フランスの外科医,生理学者。リヨン大学で医学を学び,のち同大学教授。1906年米国のロックフェラー医学研究所員となる。組織培養法の創始に成功し,白血球の出す発育促進物質を発見した。1912年ノーベル生理医学賞。ほかに血管縫合術および臓器移植法に功績がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カレル【Alexis Carrel】

1873‐1944
フランスの外科医。リヨンに生まれ,リヨン大学で医学を修め,1906年ニューヨークのロックフェラー医学研究所に入り,39年まで在職した。簡便な血管縫合術を開発,また組織培養法を開拓して生物学研究に新しい方法を提供した。臓器移植のため,血液や代用液を灌流させて臓器やその一部を長期間生存させる実験を続け,ニワトリ胚の心臓組織を30年余り生存させることに成功した。1912年ノーベル生理・医学賞を受賞。第1次大戦に従軍し,創傷を防腐液で灌流するカレル=デーキン法を創始して死亡率を下げた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カレル
かれる
Alexis Carrel
(1873―1944)

フランスの外科医、生理学者。リヨンに生まれ、リヨン大学医学部卒業後、同大学の教授を経てアメリカに渡り、ロックフェラー医学研究所で研究に携わる。血管縫合術(カレル縫合)、臓器移植に関し優れた業績をあげたほかに、組織培養法を確立した。その方法を用い、ガラス器内に移された細胞群が個体の寿命を超えて生き続けることを明らかにし現代の生命観に大きな影響を与えた。その著書『人間――この未知なるもの』(1935)で、人間を総合的に理解することの重要性を説いている。「血管縫合と血管・臓器の移植の研究」により、1912年ノーベル医学生理学賞を受賞した。[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカレルの言及

【奇跡】より

…近代におけるもっとも有名な奇跡は1858年南フランス,ルルドにおける少女ベルナデットBernadetteへの聖母マリアの出現と,その出現場所に湧出した泉による難病治癒である。1882年以降常設の医局が調査に当たっているが,1903年巡礼団付医師としてルルドを訪れ,みずから診察した死の患者の奇跡的な治癒を目撃したA.カレル(1912年ノーベル医学賞受賞)によって厳密な科学的研究への道が開かれた。カトリック教会は数次にわたる調査の結果,1923年にはじめて聖母出現を公式に事実として認め,33年にベルナデットを列聖し,治癒事例のうち比較的少数のものを奇跡と認定した。…

【培養】より

…温血動物の組織の増殖に興味をもっていたバローズM.T.Burrowsは,ニワトリの血漿を支持体および栄養源として用い,ニワトリ胚の神経系,心臓,皮膚などの外植体の細胞を増殖させた(1910)。さらに,A.カレルと協力して,哺乳類の成体からの外植片や癌化した組織を増殖させ,植え継ぎによる細胞の継代に成功し,そのうえ,ニワトリ胚の抽出物と血漿の混合液が優れた培養液であることをみいだした。外科医であったカレルは,無菌技術を導入し,長期培養に適したフラスコ培養器を考案して,ニワトリ胚の細胞を生体外で34年間も増殖させ続けた。…

【霊媒】より

…有名な霊媒には,ヒューム(ホーム)Daniel Dunglas Home,パラディーノEusapia Palladino(以上物理的霊媒),パイパーLeonore Piper,ギャレットEileen Garrett(以上心理的霊媒)などがいる。そのうちパラディーノに関しては犯罪学者ロンブローゾらが,パイパーに関しては心理学者W.ジェームズらが,ギャレットに関しては生理学者カレルらが実験的研究を行っている。霊媒を通じて,通常では得られない死者に関する正確な情報が得られても,その由来を解釈する場合,死後生存仮説の対立仮説として,実在するあらゆる情報源から超感覚的に関連情報を探し出し利用したとする超ESP仮説があり,死後生存の証明はきわめて難しいとされる。…

※「カレル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カレルの関連情報