コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレーラス カレーラス Carreras, José

3件 の用語解説(カレーラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレーラス
カレーラス
Carreras, José

[生]1946.12.5. バルセロナ
スペインオペラ歌手(リリックテノール)。本名 Josep Maria Carreras i Coll。軽やかで叙情性ある声と端正な顔立ちで人気を博し,ルチアーノ・パバロッティ,プラシド・ドミンゴとともに「三大テノール」と称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カレーラス

スペインのテノール歌手。少年時代から天才とうたわれ10歳で生地バルセロナにデビュー。バルセロナ音楽院に学び,1971年ベルディ国際コンクールで優勝。以後各地の歌劇場に出演し,1974年コベント・ガーデン王立歌劇場,1975年ミラノスカラ座にデビュー。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カレーラス
かれーらす
Jos Carreras
(1946― )

スペインのテノール歌手。バルセロナに生まれ、同地の音楽院で声楽を学んだのち、1971年パルマ開かれたベルディ国際声楽コンクールで1位となる。ソプラノ歌手カバリエらの口添えで同年ロンドンにデビューしたのを皮切りに、世界各地の一流の歌劇場に出演。ベルディを中心にイタリアフランスのオペラを幅広く歌い、声の甘美さ、フレーズ作り方の純粋な美しさにより、同世代のリリック・テノールの代表的歌手とされている。1973年(昭和48)NHKの招いたイタリア歌劇団に加わって初来日。一時、病気のため舞台から退いたが、89年に復帰、パバロッティドミンゴとともに現代の「三大テノール」とよばれ、1990年サッカーワールドカップ・イタリア大会の決勝戦前夜のコンサートで3人は初共演した。以来94、98、2002年のワールドカップほか世界各地で三大テノールのコンサートは行われた。[美山良夫]
『酒巻和子訳『自伝ホセ・カレーラス――奇跡の復活』(1989・音楽之友社)』
「『3大テノール 世紀の競演』DVD(1997・ポリグラム) ▽『魅惑の宵――ベスト・オブ・ホセ・カレーラス』CD(2000・ソニーレコード) ▽『カレーラス 愛唱歌集』CD(2004・ユニバーサルミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレーラスの関連キーワードバルセロナ大聖堂バルセロネータバルセロナプロセスバルセロナタワーバルセロナマラソン追憶のバルセロナバルセロナ・バレエ団バルセロナチェアバルセロナ大学バルセロナ伯国

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カレーラスの関連情報