コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワビシャ カワビシャ Histiopterus typus

2件 の用語解説(カワビシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワビシャ
カワビシャ
Histiopterus typus

スズキ目カワビシャ科。全長 40cmになる。体は三角形で体高は高く,著しく側扁する。体側には4条の暗褐色の横帯がある。上顎の前端と頤に短いひげが密生する。頭部は露出した骨におおわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワビシャ
かわびしゃ
sailfin boarhead
[学]Histiopterus typus

硬骨魚綱スズキ目カワビシャ科に属する海水魚。南日本からフィリピンに分布し、やや深い岩礁やその付近の砂底にすむ。全長35センチメートルに達し、体は著しく高く、強く側扁(そくへん)する。吻(ふん)は前に突出し、口は小さい。上下両あごの前端に小さいひげが密生する。背びれ第3、第4棘(きょく)と軟条は長い。体色は黒褐色で、約4条の灰黄色の横帯がある。底引網でまれに漁獲され、食用にされる。[片山正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワビシャの関連キーワードマアジクサカリツボダイアカカマス壺鯛物侘しいアオカマスアカゼオオニベシロカワカジキマルアジ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone