カンツバキ(寒椿)(読み)カンツバキ

百科事典マイペディア「カンツバキ(寒椿)」の解説

カンツバキ(寒椿)【カンツバキ】

ツバキ科の常緑低木。原産地は不明で,サザンカに近い園芸種と考えられる。庭木鉢植にされる。高さは2mくらいになり,11〜2月に咲く花は径5〜6cmの八重咲で,紅色。繁殖はさし木によるが,結実することもあるので実生(みしょう)もできる。関西では〈獅子頭(ししがしら)〉と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android