コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒椿 カンツバキ

デジタル大辞泉の解説

かん‐つばき【寒×椿】

サザンカの園芸品種。よく分枝するが矮小(わいしょう)で、12月~2月に紅色の八重の花が咲く。庭木や盆栽にする。主に関東地方でいい、関西では獅子頭(ししがしら)とよぶ。
寒中に咲くツバキ 冬》「―つひに一日の懐手/波郷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんつばき【寒椿】

寒中に咲くツバキ。乙女椿おとめつばき・大神楽だいかぐら・侘助わびすけなど。 [季] 冬。
ツバキの園芸品種の一。サザンカに近く、低木で枝と葉に毛がある。花は紅色の八重咲きで、やや小さく、11~1月頃開花する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

寒椿 (カンツバキ)

学名:Camellia sasanqua var.fujikoana
植物。ツバキ科の常緑低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

寒椿の関連キーワード水谷 八重子(初代)水谷八重子畑中 蓼坡吉田 豊作カンツバキ八重咲き野村真美和美人湯碁石海岸冬椿

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒椿の関連情報