コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒椿 カンツバキ

デジタル大辞泉の解説

かん‐つばき【寒×椿】

サザンカの園芸品種。よく分枝するが矮小(わいしょう)で、12月~2月に紅色の八重の花が咲く。庭木や盆栽にする。主に関東地方でいい、関西では獅子頭(ししがしら)とよぶ。
寒中に咲くツバキ 冬》「―つひに一日の懐手/波郷

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんつばき【寒椿】

寒中に咲くツバキ。乙女椿おとめつばき・大神楽だいかぐら・侘助わびすけなど。 [季] 冬。
ツバキの園芸品種の一。サザンカに近く、低木で枝と葉に毛がある。花は紅色の八重咲きで、やや小さく、11~1月頃開花する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

寒椿 (カンツバキ)

学名:Camellia sasanqua var.fujikoana
植物。ツバキ科の常緑低木

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

寒椿の関連キーワード水谷 八重子(初代)水谷八重子畑中 蓼坡吉田 豊作カンツバキ八重咲き野村真美和美人湯碁石海岸冬椿

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒椿の関連情報