カント‐ラプラスの星雲説(読み)かんとらぷらすのせいうんせつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カント‐ラプラスの星雲説
かんとらぷらすのせいうんせつ

太陽系成因論の一つ。カントにより提唱され(1755)、ラプラスが発展させた(1796)。回転する高温の星雲が重力によって収縮し中央に原始太陽をつくる。収縮とともに回転速度が増し、その遠心力により原始太陽赤道面から環状のガスが次々にはがれ、それが冷却凝集して惑星となった、とする。「角運動量の困難」が指摘されて遭遇説にとってかわられるが、最初の科学的な成因論として有名。[中澤 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例