コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントリー・リスク カントリー・リスクcountry risk

翻訳|country risk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カントリー・リスク
country risk

海外への投資貸付けに伴う,回収不能などの危険 (リスク) の度合いをいう。投資や金融活動は国内だけでなく,海外を対象とすることも日常的になってきたが,政情不安定,制度改変の政治的要素,債務の累積に伴う返済困難という経済的要素次第では経済活動そのものに支障をきたし,成果の回収ができなくなる可能性もある。このため事前にカントリー・リスクを把握することが重要となる。具体的なリスクとして,(1) 投資に関連しては,戦争や収用による事業継続の困難,輸入自由化による競争激化,労働攻勢の激化,送金制限,部品輸入の制限,(2) 金融に関連しては,為替取引の制限と途絶為替レートの大幅変動などをあげることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カントリー・リスク

投資・融資対象国の危険度。企業が海外取引に乗り出す際に,その相手国の政治・経済・社会問題を考慮する。評価の主な目安は,総輸出額に対する対外債務返済額の割合,政治的・社会的安定性である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カントリー・リスク
かんとりーりすく
country risk

外国へ直接投資や貸付を行う場合に、その債務返済等をめぐって融資対象国自体によって引き起こされる危険性をいう。当該国の信用度をも表し、リスク度の高い国ほど金利・融資条件が厳しくなる。カントリー・リスクの度合いは、国際収支、外貨準備高、対外債務残高などの経済的要素を基礎に、政治の安定性や国の規模などを総合して判断される。世界銀行では、デット・サービス比率debt service ratio(年間の対外債務元利支払額を年間輸出額で割った比率)が20%を超える国を要注意としていたが、最近では政治や社会・宗教問題などの変動が大きな要因となり、それらが経済的要因と密接に関連しているため、そのリスク評価がむずかしくなっている。
 なお、類語として「地政学リスク」がある。中東情勢のように地理的条件により国際関係に不安定な影響を及ぼし、地域紛争やテロなど政治的・軍事的な緊張をもたらすリスクをいう。原油価格や株式相場、為替(かわせ)相場などの経済的変動を引き起こし、国際経済や企業活動に影響を与える不安定要因となる。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カントリー・リスクの関連キーワード国際金融情報センターデットサービスレシオカントリー・リスク債務国新規追加融資カントリーリスクエマージング市場ソブリン・リスクリショアリングオイル・ダラーソブリンリスク投資保護協定投機的リスク投資保護条約国際金融不安投資リスク資本還元率

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カントリー・リスクの関連情報