コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンピーリ Campigli, Massimo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンピーリ
Campigli, Massimo

[生]1895.7.4. フィレンツェ
[没]1971.5.31. サントロペ
イタリアの具象画家。 1919年ジャーナリストとしてパリに派遣され,その頃から独学で絵画に取組む。キュビスムとエスプリ・ヌーボー理念に影響されていたが,28年ローマでエトルリア美術を見て深く感銘,また形而上絵画にも関心を示す。ギリシアの壺のアンフォラのように造形した,無表情な女性の正面像を画面に自在に配置するという一貫した作風で制作。 39~49年ミラノに住んだが,それ以後はパリで活躍。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カンピーリ

イタリアの画家。フィレンツェに生まれ,パリに定住した。絵は独学。キュビスムエジプト美術に影響されたのち,エトルリア美術心酔。アルカイックな女性像の構成で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンピーリ
かんぴーり
Massimo Campigli
(1895―1971)

イタリアの画家。フィレンツェに生まれる。ミラノで文学を学ぶ。1919年以降、新聞記者としてパリに滞在中、絵をかき始め、スーラ、レジェ、ピカソ、エジプト美術などに関心をもった。その後、形而上(けいじじょう)派とも交流をもつなど、つねにアルカイックな具象的絵画を描くが、28年ローマのビラ・ジュリア美術館でエトルリア美術に接して感銘を受け、神話と日常的現実の交錯する超時間的空間のなかに対象を置く作風を生んだ。『舟乗りの妻たち』(1934・ローマ国立近代美術館)の代表作のほか、37年にはデ・キリコらとともにジュネーブの国際連盟本部の壁画を制作した。[小川 煕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カンピーリの関連キーワード海老原喜之助7月4日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android