カンブリア県(読み)カンブリア(英語表記)Cumbria

翻訳|Cumbria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンブリア〔県〕
カンブリア
Cumbria

イギリスイングランド北西部の県。県都カーライル。1974年の自治体再編により新設された県で,旧カンバーランド県,旧ウェストモーランド県,およびランカシャー県と旧ヨークシャー県の各一部をもって構成。大部分をカンブリア山地が占め,その南西部にイングランドの最高峰スコーフェルパイク山(978m)がそびえる。カンブリア山地には氷河作用によって形成された大小 10以上の湖があり,レークディストリクト(湖水地方)と呼ばれ,19世紀の初めウィリアム・ワーズワス,サミュエル・テーラー・コールリッジ,ロバート・サウジーなどのいわゆる湖畔詩人がこの風光明媚な景観をたたえて以来,イギリス有数の景勝地として知られるようになった。レークディストリクト国立公園に指定され,観光業が重要な産業となっている。7世紀にはノーサンブリア王国に支配され,のち,バイキングの侵入を受けた地域で,地名にはスカンジナビアの諸言語の要素が残されている。945年以降イングランドとスコットランドは,カンブリア北部の領有をめぐり争ったが,1157年イングランドに帰属。主要産業は観光業のほか,高地での牧羊,低地での農業などで,イーデン川,ダーウェント川,エスク川など主要河川ではサケ漁が盛ん。鉱業は 12世紀以来の伝統があり,鉛,銀,鉄,石炭などが採掘される。工業はワーキントンなどで軽工業が行なわれるほか,バローインファーネスに海軍工廠が,セラフィールドに核燃料再処理施設がある。面積 6768km2。人口 49万8900(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android