カンボジア人民党(読み)カンボジアじんみんとう

百科事典マイペディア「カンボジア人民党」の解説

カンボジア人民党【カンボジアじんみんとう】

カンボジア政党。1951年カンボジア人民革命党として創立。1979年にベトナムの支援でポル・ポト政権を倒し,カンボジア人民共和国を樹立した。カンボジア紛争の和平合意であるパリ和平協定の調印を控えた1991年10月の臨時党大会で,従来の社会主義路線を放棄し,複数政党制を導入する新綱領を採択。同時に現名となった。議長はチア・シム,副議長はフン・セン。創立者のヘン・サムリンは名誉議長。1993年5月の総選挙ではフンシンペック党についで第二党。1993年9月に制定されたカンボジア新憲法では,暫定的に5年間だけ2人の首相を置くことができることになっていたが,1998年7月の総選挙で第一党になり,11月フンセンが首相,フンシンペック党のラナリットは国会議長という枠組みとなった。→UNTAC(アンタック)
→関連項目カンボジア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カンボジア人民党」の解説

カンボジア人民党
カンボジアじんみんとう
Kanakpak Pracheachon Prachor; Cambodian Peaple's Party

カンボジアの政党。 1951年カンプチア人民革命党として設立され,ヘン・サムリン政権を支えた親ベトナム系共産主義勢力で,カンボジア和平に向けたパリ協定調印直前の 1991年 10月現党名に改称。結成大会においてこれまでのマルクス=レーニン主義路線を撤廃し,自由主義体制と複数政党制を承認する路線を掲げた。また仏教の国教化,旧統治制度の抜本的改革を提案。党組織についても,政治局を廃止して運営委員会を設立し,ヘン・サムリン議長に替えてチア・シムを党首に,フン・センを副党首に任命,体制移行をはかった。 1993年5月の制憲議会選挙では第2党となった。国家元首にシアヌークが就任し,同 1993年7月フンシンペック党と連立して共同首相制の暫定政府を発足。フン・セン副党首を第2首相に選出した。 1998年7月の総選挙では,第1党の座を獲得。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android