コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーソル カーソル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カーソル

入力する文字や図形がどこに入るのか、今どの部分を操作しているのかを画面上に表示するマーク。主にテキストエディターやコンソールで、文字の入力位置を示すものを指す。位置が見つけやすいように点滅して表示されることが多い。マウスポインターのことをカーソルと呼ぶ場合もある。カーソルはキーボード矢印キーを使って移動できる。矢印キーのことをカーソルキーともいう。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

カーソル

画面上で、利用者が操作する位置を示すマークです。点滅して文字の入力位置を示す「Ⅰ」形のものや、マウスで操作対象や位置を指示する矢印形のものがあります。後者の矢印形のものは「ポインタ」「マウスカーソル」ともいいます。
⇨ポインタ

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カーソル(cursor)

計算尺・測量器などで、前後または左右に滑らせて目盛りを読み取る透明な小板。滑子。遊標。
コンピューターディスプレー上で、次の入力の位置を示す印。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カーソル

ディスプレー画面で,文字や図形などが表示される位置を示す記号。キーボードから打ち込んだ文字は,画面のカーソル位置に表示され,同時にカーソルは1字分右に移動する。
→関連項目テンキー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

カーソル

コンピューターにおいて、操作の対象となる場所がどこかを示す記号。通常は文字入力位置のことを指し、マウスの場合には「マウスカーソル」と呼んで区別する。もともとは計算尺の目盛りを指すことばだった。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

カーソル【cursor】

コンピューターの画面上において、文字入力が行われる位置に表示される記号。一般的にテキスト中ではアルファベットのI字型の記号が表示され、文字の入力・消去・挿入または上書きの位置指定などに使われる。◇マウスで指定した位置に表示される記号は「マウスカーソル」という。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

カーソル【cursor】

計算尺の固定尺と滑り尺とにまたがって動く透明な板。中央にある細い線(カーソル線)で目盛りを読む。指標。
コンピューターなどのディスプレー画面上で、入力位置や、入力待ちであることを表示する下線や記号。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カーソルの関連情報