コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーフ Kāf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーフ
Kāf

サウジアラビア北西端にあるオアシスの町。ヒジャーズ地方に属し,ジャウフの北西約 170km,ヨルダン国境に近く,シルハーン涸れ川 (ワディ) の渓谷に位置する。

カーフ
Al-Kāf

チュニジア北西部,カーフ県県都。オーテル山地の山麓にあり,アルジェリア国境から 35kmに位置する。古代のカルタゴの町で,のちのローマの植民都市シッカ・ベネリアとなった町の遺跡の上に建つ。アルジェリアへの道路上の拠点にあり,地方の市場としても重要である。トルコ時代のカスバが,町の中央の丘にある。人口4万 1306 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カーフ【calf】

皮革製品の材料としての子牛。また、その皮。生後六か月くらいまでのものをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カーフの関連キーワードピカール(Jacques Piccard)ライニング・ファッションコンビネーションミディレングスフェリーボートアスコットタイオーガンディーフィッシュー横浜スカーフバチスカーフイフシード朝暗黒街の顔役バブーシュカカーフスキンネッカチーフアルシメド号ザムザザーセーラー服フリッカーカーフィル

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カーフの関連情報