カーフ(英語表記)Kāf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーフ
Kāf

サウジアラビア北西端にあるオアシスの町。ヒジャーズ地方に属し,ジャウフの北西約 170km,ヨルダン国境に近く,シルハーン涸れ川 (ワディ) の渓谷に位置する。

カーフ
Al-Kāf

チュニジア北西部,カーフ県の県都。オーテル山地の山麓にあり,アルジェリア国境から 35kmに位置する。古代カルタゴの町で,のちのローマの植民都市シッカ・ベネリアとなった町の遺跡の上に建つ。アルジェリアへの道路上の拠点にあり,地方の市場としても重要である。トルコ時代のカスバが,町の中央の丘にある。人口4万 1306 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カーフ

〘名〙 (calf) 子牛の皮。
※深海魚族(1970)〈邦光史郎〉皮膚関係「上質の子牛(カーフ)の皮を用いているから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報