カール ラガーフェルド(英語表記)Karl Lagerfeld

  • Karl-Otto Lagerfeld

20世紀西洋人名事典の解説


1938 -
ドイツのファッション・デザイナー。
ハンブルク生まれ。
ドイツのファッション・デザイナーで、1952年パリに行き、’55ネンピエール・バルマンアシスタントを務めた。その後ジャン・パトゥのファッション・デレクターを経て、’63年独立。’64〜83年クロエ社、’83年からシャネルのデザインをそれぞれ担当した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
ファッションデザイナー,写真家

国籍
ドイツ

生年月日
1933年9月10日

出生地
ハンブルク

受賞
デ・ドール賞〔1986年〕,FEC賞(デザイナー部門,第46回)〔2003年〕

経歴
幼い頃から絵に親しみ、1952年14歳の時に一家でパリに移住。’54年国際羊毛事務局(IWS)のデザインコンクールのコート部門で第1位を獲得。’55年ピエール・バルマンのアシスタント、’59年ジャン・パトゥのアート・ディレクターとなり、’63年独立。’65年よりイタリアのフェンディ主任デザイナー、’63〜78年、’92〜97年クロエの主任デザイナー。’83年よりシャネルの主任デザイナーに就任。服のデザインの他にサングラスやバッグなどの人気商品を生み出し、停滞していたシャネルの救世主となった。’84年自身のブランド“カール・ラガーフェルド”をスタート。’86年デ・ドール(金の指ぬき)賞を受賞。2005年自身のブランドをトミー・ヒルフィガーに売却。2004年H&M、2011年ホーガン、メイシーズのデザインを手がける。2008年米誌「タイム」が選ぶ最も影響力のある100人にファッションデザイナーとしては唯一選出された。“モードの皇帝”と呼ばれる。映画や舞台の衣装デザインを手がける他、1987年からは芸術写真家としても活躍。’98年には日本でも写真展を開催。体重が一時100キロを超えていたが、ダイエットで40キロ以上の減量に成功した。2000年初来日。2004年12月東京・銀座に世界一大きいシャネルブティックがオープン。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カール ラガーフェルドの関連情報