コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャネル Chanel, Gabrielle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャネル
Chanel, Gabrielle

[生]1883.8.19. イスワール近郊
[没]1971.1.10. パリ
1920~70年代初頭に活躍したフランスの女性服飾デザイナー。通称ココ・シャネル Coco Chanel。 1910年パリに婦人帽子店を開いたが,第1次世界大戦後,婦人服のデザイナーに転向した。第2次世界大戦後,社会に進出し始めた女性のために,ジャージーを巧みに用いて,コルセットのいらない活動的なスタイルを発表し,従来の服飾の伝統を破った。また装飾を省いた衣服の本体にブレードやコードの縁取りをつけ,当時としては珍しい大小の色ガラスクリスタル・ガラスのアクセサリーを取り入れた。この奇抜で独特のシャネルスタイルは,めまぐるしい流行の変遷のなかでもあまり変化することなく,今日までなじまれている。また彼女のつくった香水 Chanel No.5も有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シャネル(Gabrielle Chanel)

[1883~1971]フランスの服飾デザイナー。第一次大戦後、シンプルで着やすいドレスを考案して新しい女性らしさの概念を打ち出した。いわゆるシャネルスーツのほかに、香水の発売でも知られる。通称ココ=シャネル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シャネル

通称ココCoco。フランスの服飾デザイナー。1920年パリに店を開きシンプルでスポーティーなデザインを発表。特にカーディガン・ジャケットにスカートとブラウスを組み合わせたシャネル・スーツは有名。
→関連項目ニジンスカブレード

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャネル【Gabrielle Chanel】

1883‐1971
フランスのファッション・デザイナー。通称ココ・シャネル。ロアール河岸のソミュール生れ。母が早く死に,孤児院で育てられた。お針子や旅まわりの歌手などをして苦しい青春時代を過ごした。1914年,第1次世界大戦が始まった時,彼女はドービル海岸にいた。この戦争の間に女たちは外に出て働くようになっていた。それらの新しい女のために,海岸で働く人々の動きやすい服をとりいれたデザインをつくり,20年にパリのカンボン街に新しい店を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シャネル【Gabrielle Chanel】

1883~1971) パリの女性デザイナー。シンプルで着やすい服飾デザインを創作し、高級衣装店シャネルを開店。そのデザインはシャネル-スーツとして知られる。また、香水も発売した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャネル
しゃねる
Gabrielle Chanel
(1883―1971)

フランスの服飾デザイナー。20世紀を代表するデザイナーの一人。愛称ココ・シャネル。帽子デザイナーから出発し、第一次世界大戦後の社会変化を反映した、機能的でシンプルなジャージーの服を発表し、新しい女性らしさの概念を打ち出した。1920年から30年代にかけて活躍し、ピカソ、コクトーら芸術家から、貴族までの多彩な交友は有名。第二次世界大戦後、創作活動を休んでいたが、54年カムバックすると、60年代の世界的なシャネル・スーツのブームを起こし、死の直前まで、パリ・モード界の女王として君臨した。彼女の一貫した「働く女性のための服」というファッション哲学は、カーディガン・タイプのいわゆる「シャネル・スーツ」を生み、これは20世紀女性服のプロトタイプとして高く評価される。装飾性を重視したコスチューム・ジュエリーの発想、オートクチュールの名をつけた香水「シャネル五番」の発売なども彼女の業績である。83年以来シャネル店のデザイナーに任命された、カール・ラガーフェルドにより、ふたたび世界的にシャネル・スーツ・ブームが起こった。[深井晃子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシャネルの言及

【香水】より

…さらに天然香料から含有成分を分離した単離香料と,有機合成反応によって合成した合成香料があり,現在知られているものはおよそ4000種といわれている。1910年代まではヤードレー,ウビガン,ロジェ・アンド・ガレ,ゲラン,コティ,キャロンといった香水や化粧品の専門メーカーによって,それも天然香料を主にした香水が発売されていたが,1920年代になってオート・クチュールのシャネルが合成香料のアルデハイドを配合した香水〈No.5〉を発表し,以後ランバン,ジャン・パトゥ,スキャパレリ,ディオールなどデザイナー・ブランドの香水が発売される傾向になった。香りのタイプもシングルフローラル(単純な花の香り)からオリエンタル(ジャコウなど動物的な香り,ダナの〈タブー〉,ゲランの〈ボル・ド・ニュイ(夜間飛行)〉など),シプレー(シプル島のイメージをもった粉っぽい香り,ゲランの〈ミツコ〉,ディオールの〈ミス・ディオール〉など),フローラルブーケ(花束の香り,ジャン・パトゥの〈ジョイ〉,ニナ・リッチの〈カプリッチ〉など),アルデハイド(合成香料アルデハイドを主調としたモダンな香り,〈シャネルNo.5〉,ランバンの〈アルページュ〉など)と発展し,1970年代からグリーン・ノート(青葉・青草の香り,〈シャネルNo.19〉,Y.サン・ローランの〈イグレック〉など)が流行した。…

【ローリング・トウェンティーズ】より

…パリ・ファッションも20年代に世界的なものとなった。G.シャネル(ココ・シャネル)は働く女性のためのファッションを売り出した。《ボーグ》や《ハーパーズ・バザー》といったファッション誌によって,パリ・ファッションはアメリカ中に伝わった。…

※「シャネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャネルの関連キーワードNew Girl ダサかわ女子と三銃士アレクサンダー ジェームズトゥエンティーズ・ルックドミニク モンクルトワダグラス カークランドsuper brandカール ラガーフェルドヒストリカルスタイルサーティーズ・ルックココ・マドモアゼルE. スキャパレリナタリー バデールリシャール コラスモーレン シケットシャネルNo.5シャネルレングス日本ホームスパンアナ ムグラリスChanelerオドレイ トトゥ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャネルの関連情報