コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシスタント アシスタント assistant

翻訳|assistant

4件 の用語解説(アシスタントの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アシスタント(assistant)

仕事の補佐をする人。助手。「アシスタントパーサー」「アシスタントプロデューサー」
[補説]書名別項。→アシスタント

アシスタント【Assistant】[書名]

マラマッドの自伝的長編小説。1957年刊。イタリア系米国人の青年とユダヤ人の商人の関係性を通して、人間の尊厳について描いた作品。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アシスタント【assistant】

補助的な役目をする人。助手。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシスタント
あしすたんと
Assistant

アメリカのユダヤ系作家B・マラマッドの2作目の長編。1957年刊。ロシアからのユダヤ移民モリス・ボーバーの営む零細食品店で強盗を働いたイタリア系の青年フランクが、経営不振のその店に店員となって住み込み、売上金をくすねながらも、商売の立て直しに努力し、やがて店の娘ヘレンに対する恋慕心も手伝って、悔悟、苦難、滅罪、改宗の道を選ぶに至る物語。ニューヨークブルックリンのくすんだ居住区を舞台に展開される哀歓の小説ではあるが、特異な叙情性、暗示性、人間味などに満ちた人物像の造形に成功している。1960年代以降、顕著な活躍をみせるユダヤ系作家たちの諸作品を示唆することになった先駆的作品の一つ。[邦高忠二]
『酒本雅之訳『アシスタント』(1969・荒地出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アシスタントの関連キーワード短編小説ブロンテマラマッド掌編小説中編小説長編小説女たちのやさしさかんかん虫は唄うホット・キッド緑の影、白い鯨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アシスタントの関連情報