ガウスの法則(読み)ガウスのほうそく(英語表記)Gauss' law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ガウスの法則」の解説

ガウスの法則
ガウスのほうそく
Gauss' law

電気,磁気の基本法則の1つで,クーロンの法則を時間変化のある場合に一般化したもの。電場の中で任意の閉曲面を通って出ていく全電束はその曲面内にある全電荷に等しい。面上の微小部分 dS における電束密度の面に垂直な成分を Dn ,閉曲面 S に包まれた体積部分V の中の微小体積 dV での電密度を ρ ,V 内の全電荷を q とすれば,次の式が成り立つ。
ガウス定理を用いて面積積分を体積積分に直せば divD=ρ という微分表示が得られ,マクスウェルの方程式の1つとなる。磁束密度 B磁場についても,同様にして divB=0 が得られる。右辺がゼロになるのは,磁気の場合は真電荷 ρ に相当する真磁荷はなくて磁荷は必ず正負同量ずつ対になって存在することに起因する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典「ガウスの法則」の解説

ガウスの法則【Gauss' law】

静電気学の法則.静電場中に任意の閉曲面を考えたとき,その表面における電荷の垂直成分を全曲面にわたって積分したものは,閉曲面内に存在する総電荷量をその空間の誘電率で割った値に等しくなる.ガウスの電気力束の法則*も参照.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

デジタル大辞泉「ガウスの法則」の解説

ガウス‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【ガウスの法則】

電場で、閉曲面を通って外へ出る電束総数はその曲面内に含まれる全電気量に等しいという法則。一般にベクトル場で、閉曲面に囲まれた空間の単位ベクトルはその空間全体の体積積分に等しいという定理。ガウスの定理。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ガウスの法則」の解説

ガウス の 法則(ほうそく)

ガウスが提示した静電気学上の法則。ある静電界内の閉曲面をつらぬいて出ていく電気力線の総数は、その閉曲面内に存在する総電荷量に比例するという定理。ガウスの定理。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android