コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウダパーダ ガウダパーダGauḍapāda

3件 の用語解説(ガウダパーダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガウダパーダ
ガウダパーダ
Gauḍapāda

7世紀中頃のインドバラモン教の学者。人物,伝記については詳細不明。『マーンドゥーキヤ・カーリカー』の編集修成者。また『サーンキヤ・カーリカー』に対する同名人の注釈書が伝えられているが,同一人であるかどうかについては学界の結論が出ていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガウダパーダ【Gaudapāda】

インドのベーダーンタ学派の学匠。640‐690年ころの人。弟子がゴービンダ,そのまた弟子がシャンカラと伝えられている。彼に帰せられる《マーンドゥーキヤ・カーリカーMāṇḍūkya‐Kārikā》(別名《ガウダパーディーヤ・カーリカー》)には,覚醒時に経験する現象界は,夢で経験する世界と同じく虚妄であり,真実は不二advaitaであり,個我とアートマンは不異であると,不二一元論が初めて明らかに述べられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガウダパーダ
がうだぱーだ
Gauapda
(640―690ころ)

インドのベーダーンタ学派に属する哲学者。弟子にゴービンダがおり、さらにその弟子に、同学派中もっとも有力な不二一元論(ふにいちげんろん)派の開祖シャンカラがいる。ガウダパーダの編纂(へんさん)した『マーンドゥーキヤ頌(じゅ)』は、現存する独立の著作のなかで初めて不二一元論(唯一不二の実在ブラフマン・アートマンのみが真実であり、現象世界は実在しない虚妄であるという説)が説かれている点で重要である。本書は、後ろの章ほど大乗仏教の影響が顕著であり、最後の第4章は唯識(ゆいしき)学派の説に酷似している。なお、『サーンキヤ頌』の注釈が彼に帰せられているが、両者の同異については定説がない。[島 岩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガウダパーダの言及

【マーヤー】より

…仏教においては心作用の一つとされ,〈欺瞞〉〈裏切り〉を意味し,また〈人を眩惑する力〉〈幻〉を意味し,事物に実体がないことにたとえられる。仏教の影響を強く受けたベーダーンタ学派のガウダパーダの場合には,アートマン,心,あるいは思考のもつ〈神秘的な力〉〈魔術的幻影〉を意味する。不二一元論学派の開祖シャンカラの場合には,〈詐欺〉〈神の神秘的な,人を眩(くら)ます幻力〉〈魔術〉などを意味するにすぎないが,後継者たちの場合にはしばしば無明の同義語で,宇宙の質料因と考えられている。…

※「ガウダパーダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone