コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウチンスキ ガウチンスキ Gałczyński, Konstanty Ildefons

2件 の用語解説(ガウチンスキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガウチンスキ
ガウチンスキ
Gałczyński, Konstanty Ildefons

[生]1905.1.23. ワルシャワ
[没]1953.12.6. ワルシャワ
ポーランドの詩人。ポーランド現代詩,戯曲を代表する一人。グロテスクでしかもユーモラスな詩に満ちた代表作『緑の鵞鳥』 Zielona Gęś (1946~53,ほとんどが上演不可能な詩体寸劇集) は,イデオロギーや人間の迷妄に対する風刺の精神と同時に,韻律詩の伝統的美意識の脈打つ傑作である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガウチンスキ
がうちんすき
Konstanty Ildefons Gaczyski
(1905―1953)

ポーランドの詩人。17歳にして詩才を発揮し、ヒューマニスティックな幻想と諧謔(かいぎゃく)で小市民の生活を風刺した。第二次世界大戦中はドイツ軍の捕虜となったが、解放後は国内にあって多数の詩を発表、その作品は死後5巻(1957~60)にまとめて刊行された。その繊細な叙情性と風刺性はグロテスクなパロディーとして開花、多くの読者をひきつけた。[吉上昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウチンスキの関連キーワードワルシャワ大学ワルシャワ大公国マルシャウコフスカ通りワルシャワ旧王宮ワルシャワ蜂起記念碑ブライダルシャワーワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団ワルシャワの秋音楽祭ワルシャワ決議ワルシャワ・ゲットー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone