コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスバーナー gas burner

翻訳|gas burner

百科事典マイペディアの解説

ガスバーナー

燃料ガスを効率的に燃焼させ,熱や高温を取り出す装置。実験室用のブンゼンバーナーや家庭用こんろなどの小規模なバーナーから,火力発電所ボイラーで用いられる工業用の大規模なバーナーまである。原理は1855年ドイツのR.W.ブンゼンが考案。燃料ガスをノズル(小孔)から勢いよく吹き出させて空気孔から一次空気を吸い込ませ,両者がよく混ざったところで点火し燃焼させる。この原理は,家庭用ガスこんろや瞬間湯沸器のバーナーなどに応用されている。これに対し,工業用の大規模で実用的なバーナーは,燃料ガスと空気を別々に燃焼器に送り,燃焼器内で渦状に混合させて燃焼を行う拡散型のものである。
→関連項目バーナー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガスバーナー【gas burner】

ガス燃料を効率よく燃焼させて,熱あるいは高温を取り出す装置。家庭用こんろに用いる小規模なものから,火力発電所のボイラーで用いられる大規模な工業用バーナーに至るまでさまざまな型式があるが,燃料と空気の混合のさせ方で,予混合型ガスバーナー拡散型ガスバーナーの二つに大別される。予混合型は,燃料と空気をあらかじめ混合させてから燃焼を行わせる型式のもので,すすの発生のない高効率の燃焼が実現される反面,火がバーナー内部に侵入する,いわゆる逆火の可能性がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ガスバーナー【gas burner】

気体燃料を燃焼させて熱源とするための装置。ブンゼンバーナーはその代表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガスバーナー
がすばーなー
gas burner

ガスを燃焼させて熱源あるいは光源を得る装置。燃料ガスとしては、石炭ガス、液化石油ガス(プロパンガス)を用いるのが一般であるが、アセチレン、水素などを利用することもある。空気の供給法にも、自然吸入、加圧供給、酸素供給などの方式があって、用途に応じて適当な温度を得るように選択する必要がある。化学実験室ではおもにテクルバーナーが用いられている。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガスバーナーの言及

【バーナー】より

…燃料を安全に効率よく燃焼させて熱あるいは高温を得る装置。燃料の種類に応じて,ガス燃焼用のガスバーナー,灯油や重油など液体燃料の燃焼用のオイルバーナー,石炭燃焼用の微粉炭バーナーなどがある。また,燃料と空気の混合のさせ方で,予混合型バーナーと拡散型バーナーに分類される。…

※「ガスバーナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ガスバーナーの関連キーワード石岡府中杉細工瞬間湯沸かし器瞬間湯沸し器ウォッベ指標予混合火炎都市ガス拡散火炎アイロンオーブンタンク窯気体燃料空気浴三角架還元炎冷蔵庫燃焼匙固定釜金庫気球火口

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガスバーナーの関連情報