コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガゼル gazelle

翻訳|gazelle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガゼル
gazelle

偶蹄目ウシ科のなかのアンテロープ一群で,GazellaProcapraの2属に属する動物の総称。体長1~1.2m,体高 1m内外。眼の上部から鼻にかけて明るい縞がある。走るのも速い。トムソンガゼルダマガゼルマウンテンガゼルチベットガゼルモウコガゼルなど多くの種がある。モンゴル,南アジアからアフリカ北東・中央部の平地から標高 5000mぐらいまでの地域に分布し,木の茂らない草原にすんでいる。

ガゼル
SH-08 Gazelle

ソ連が 1984年からモスクワ周辺に配備を開始したサイロ式短射程弾道ミサイル迎撃ミサイルABM。当初ガロシュ ABMとともに配備され,80年代末からはゴルゴン・ミサイルとともに配備されている。これら長射程のミサイルが撃ち漏した目標を迎撃する。ゴルゴン・ガゼル両ミサイルの組合せを ABM-3と呼ぶ。主要目は,射程 80km,全長 10m,直径 1m,発射重量 10t,推進方式2段式固体燃料,弾頭威力 10kt核弾頭 (通常型弾頭も開発中) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ガゼル(gazelle)

ウシ科ガゼル属などのレイヨウの総称。体も四肢も細く、走るのが速い。雌雄とも角をもつ。肩高約70センチのトムソンガゼル、約1メートルのグランドガゼルなどがあり、アフリカからモンゴルの草原や砂漠にすむ。→羚羊(れいよう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ガゼル【gazelle】

四肢が細く目が大きい小型の偶蹄目ウシ科ガゼル属に属する哺乳類の総称。アフリカ,アジアの主として砂漠地帯にすむ。アンテロープの中でもっとも姿の優美な仲間で,体長80~165cm,肩高50~120cm,ふつう体の上面が砂色(淡黄褐色)で下面が白く,多くは両部の境に暗色の一帯がある。また目の上から(ふん)側を上唇にかけて走る顕著な白帯を見ることが多い。吻端はヒツジのように毛で覆われていて裸出した鼻鏡がなく,前肢の手根部(ひざのように見える部分)には毛の房があり,短い尾の先半分にも暗色の毛の房がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ガゼル【gazelle】

偶蹄目ウシ科のレイヨウ類の一群。四肢が細く、優美な姿態で、雄の角はコルク栓抜き状にねじれるか、長く後方に反る。アフリカ・アジアの乾燥地帯に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガゼル
がぜる
gazelle

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科ガゼル属に含まれる動物の総称。この属Gazellaのアンテロープ(レイヨウ)は、アフリカだけでなくアラビア半島、シリア、アフガニスタン、イラン、パキスタン、インド、チベット北部およびモンゴルまで広く分布する。生息地も変化に富み、サバンナから荒れ地や砂漠まであり、十数種が知られている。体は細く優美で、四肢も細く長い。通常は砂色の体色で、多くは顔や体側に暗色帯がある。雌雄ともに角(つの)があり、横からみると始め後方に曲がり、先のほうはわずかに前方あるいは上方に曲がり、前方からみると竪琴(たてごと)形である。角の長さは種によって異なる。いずれの種も乾燥した地域に適応し、水がなくても長期間生存できる。夕刻または早朝に、普通は草を食べるものが多いが、砂漠地帯にすむものは小低木の葉なども食べる。単独で生活するもの、2頭から30頭ほどの小群でいるもの、あるいは大群をなすものなど、その生活様式はいろいろである。普通、子は草などの植物が多い4~6月に産まれる。1産1子。寿命は10~12年ほどである。体は小さいが走るのは速く、時速64~96キロメートルに達するといわれ、ジャンプも巧みである。ガゼル類は次の三つのグループに分けられる。
(1)体は大形で、臀部(でんぶ)の白色部が大きく、尾の付け根だけでなく、腰の後部にまで達するグループ。グラントガゼルG. granti(肩高80~100センチメートル、角長30~80センチメートル、東アフリカの草原に分布)、ダマガゼルG. dama(ガゼル類中最大で肩高90~120センチメートル、角長16~41センチメートル、アフリカ西部から北部の砂漠に分布)など。
(2)体は中形ないし小形で、臀部の白斑(はくはん)は小さく、尾の付け根までしかないグループ。ドルカスガゼルG. dorcas(肩高50~70センチメートル、角長16~38センチメートル、アフリカ北東部から中近東の砂漠に分布)、トムソンガゼルG. thomsoni(肩高55~70センチメートル、角長7~43センチメートル、東アフリカの草原に分布)など。
(3)中形で白斑は前者と同じであるが、普通は雌に角がないグループ。このグループはコウジョウセンガゼルG. subgutturosaだけで、雄ののどは繁殖期に膨れる。肩高60~80センチメートル、角長25~43センチメートル。モンゴルからアフガニスタンの平原に分布する。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ガゼルの関連キーワードアウストラロピテクス・アナメンシスウマル・ブン・アビー・ラビーアアイールとテネレの自然保護区群ウマル・ブン・アビー・ラビーアニジェールのW国立公園仮面ライダーインペラーンゴロンゴロ自然保護区タッシリナッチサハル国立公園セレンゲティ国立公園ワディ・ファラー遺跡ファラオ・ハウンドニュー・ブリテン島ヒプシロフォドンニューブリテン島リカオン(動物)エルメンテイタ湖スプリングボックカラウィット島バーレルガザリ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガゼルの関連情報