コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガソリン税 ガソリンぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガソリン税
ガソリンぜい

ガソリンに課せられる揮発油税地方揮発油税の総称。ともに国税として徴収されるが,地方揮発油税は税収の全額が地方揮発油譲与税(→地方譲与税)として地方公共団体に譲与され,その一般会計にあてられる。かつては地方道路税といい道路整備のための目的税で,道路特定財源だったが,2009年の道路特定財源廃止に伴い地方揮発油税と名称変更,一般財源化された。揮発油税も 2009年まで道路整備緊急措置法により全額が道路整備にあてられていたが,今日では普通税であり一般会計に計上される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ガソリン税

揮発油税と地方道路税を合わせた通称製油所から出荷された段階で、暫定税率分を含めて、1リットルあたり揮発油税48円60銭、地方道路税5円20銭の計53円80銭が課されている。小売業者が仕入れたガソリンに、税率も値段も安い灯油などを混ぜた場合、混入後の「ガソリン」全量に改めて課税される。その際、税務署に事前に申告することが義務づけられている。

(2008-03-27 朝日新聞 夕刊 1社会)

ガソリン税

道路特定財源の一つで、ガソリンに課せられる揮発油税と地方道路税を合わせた通称。1リットル当たり53・8円で、うち暫定税率分の25・1円が3月31日に期限切れとなった。製油所から出荷された段階で課税される方式で、小売業者は今月1日以降、暫定税率が上乗せされた在庫を抱え、赤字覚悟の値下げか価格据え置きかの判断を迫られている。

(2008-04-06 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガソリンぜい【ガソリン税】

いずれも揮発油に課する税である揮発油税と地方道路税とを総称して一般にガソリン税と呼ぶ。前者は国税,後者は国が課して地方に譲与する地方譲与税。ともに道路整備の財源に充てられるものであるが,前者は使途を特定せず一般経費に充てる目的で課される普通税とされつつ,道路整備緊急措置法3条によりその税収の使途が財政上の措置として特定された特定財源とされている一方,後者は最初から特定の経費に充てる目的で課される目的税である点で相違する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ガソリンぜい【ガソリン税】

揮発油に課される消費税。揮発油税と地方道路税がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のガソリン税の言及

【揮発油税】より

…揮発油税は,創設時は一般財源であったが,54年には〈道路整備の財源等に関する臨時措置法〉,58年には道路整備緊急措置法が制定され,1954年度以降は税収全額が国の道路整備費用に充てられる。なお揮発油に対しては,揮発油税のほかに地方道路税が課されており,揮発油税と地方道路税は併せて申告納付することとされている(両税を併せて一般にガソリン税と呼ぶ)。【浜本 英輔】。…

【地方道路税】より

…課税物件は揮発油税と同一の揮発油であり,課税関係の規定の大部分は揮発油税と同じである。このため,地方道路税と揮発油税を総称してガソリン税と呼ぶことがある。税率は揮発油1kl当り4400円(1993年12月から98年3月までの間は5200円)で,揮発油税と併せて徴収される。…

※「ガソリン税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガソリン税の関連キーワードインターステート・ハイウェー道路特定財源と暫定税率道路特定財源の暫定税率ガソリン税の暫定税率総合交通体系税制改正大綱みなし否決高速道路石油税

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガソリン税の関連情報