コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリマール[会社] ガリマール

百科事典マイペディアの解説

ガリマール[会社]【ガリマール】

1911年ガリマールGaston Gallimard〔1881-1965〕が創立したフランスの出版社。文学書を中心とし,特に文芸誌《NRF(エヌエルエフ)》,ガリマール双書(1919年)や,小型名作双書〈プレイヤード〉の刊行で知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のガリマール[会社]の言及

【NRF】より

…しかしポーランのあとを受けたドリュ・ラ・ロシェルがナチスに協力したため同人の支持を失い,43年6月で休刊を余儀なくされ,53年1月より復刊したが,もはや昔日の面影はない。なお今日フランス屈指の出版社であるガリマール書店は,この雑誌の出版機関をガストン・ガリマールが引き受けて成長させたものである。【渡辺 一民】。…

【ガリマール】より

…これらの文人たちの名声の獲得,《NRF》誌の影響力の増大浸透につれて,版元の声価も年々歳々高まってゆく。19年にはリブレーリー・ガリマールと社名を変更。プルースト,モラン,モンテルラン,マルロー,アラゴン,エリュアール等の作品を刊行し,外国文学の翻訳紹介にも意を用いることによって,ガリマール社の影響はフランス国内のみならず,世界的規模でひろがってゆく。…

※「ガリマール[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガリマール[会社]の関連キーワードプルーストクローデルマルローサルトルバレリーアラゴンロマンカミュ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android