ガリラヤ(英語表記)Galilaia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリラヤ
Galilaia

ギリシア語表記。ヘブライ語ではガリリ Ha-Galil。古代パレスチナ北部,現在の北イスラエル地方。名称は「地域」の意味で,その範囲は1世紀の歴史家 J.フラビウスによると,西はアコーとカルメル山,南はサマリアベートシャン,東はガリラヤ湖ヨルダン川,北は現在のレバノンとの国境になる。北をリーターニー川まで拡大する学者もいる。旧約時代には先住民のカナーン人が残存し,異教的要素が多く,「異邦人のガリラヤ」 (イザヤ書9・1) と呼ばれた。イエスとその 12人の弟子も大部分はここの出身。ガリラヤは高地と低地に2分され,高地ガリラヤの主要都市はツェファト,低地ガリラヤの主要都市はナザレである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガリラヤ【Galilee】

パレスティナ北部地方の総称。北はレバノン山,南はエズレル平野,東はガリラヤ湖(ティベリアス湖),西はアッコ平野と接し,深い谷を挟んで上部ガリラヤ下部ガリラヤに分かれる。全体的には雨期の降水量が多く,ガリラヤ湖という大水源に加えて湧泉も数多くある。しかし水の分布は均等でなく,高い山岳地帯は水源に恵まれず,水源の豊富な低地部は排水の便が悪く,マラリア蚊の生息する沼沢の多い地形である。それゆえ19世紀末にこの地方に入植したユダヤ人たちの最大の課題は,沼沢地の干拓であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ガリラヤ【Galilaia】

イスラエル北部、ヨルダン川・ティベリアス湖西側の地域。イエスの時代には古代ローマの属領で、ヘロデ王の統治下にあった。イエスの伝道の主要舞台。
の地域にある、ヨルダン川中流の淡水湖。新約聖書によるとイエスはこの湖で多くの奇跡を行なったという。湖水面は海面下212メートル。ガリレー。別名、ティベリアス湖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガリラヤ
がりらや
Galilee

古代のパレスチナの北部、すなわちヘルモン山麓(さんろく)から南のエスドラエロン平原に続く地方をさす。この平原はギルボア山とタボル山をおもな水源とするキション川に潤される肥沃(ひよく)な耕地で、古戦場として有名である。東境はヨルダン川とガリラヤ湖(ティベリアス湖)。ガリラヤの名は、ヘブライ語のガーリールgllのギリシア音訳ガリライアGalilaia(「周囲」すなわち「地方」の意)に由来する。元来はガリラヤ湖西方の山岳地帯の名称であった。旧約時代には先住民カナーン人が残存し、この地方は「異民族のガリラヤ」(「イザヤ書」)とよばれた。のち南方のエスドラエロン平原も含むようになった。イエスとその12人の弟子のほとんどはこの地方の出身であった。イエス時代には国守ヘロデ・アンティパス(在位前4~後39)の所領であり、イエスは生涯の大部分をここで過ごし、伝道の主要舞台であった。紀元後70年エルサレム陥落後ティベリアの町はパレスチナにおけるユダヤ教の重要な中心地となった。現在はイスラエルの行政区の一つで、その中心はナザレである。[高橋正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガリラヤの関連情報