コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルダイア ガルダイアGhardaïa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガルダイア
Ghardaïa

アルジェリア南東部,オアシス地方北部にあるオアシス都市で,ムザブ川の左岸にある。首都アルジェの南方約 470kmにあるサハラ交通の要衝。 11世紀にベルベル語系のムザブ人がハワーリジ派イスラムの信仰を守るために砂漠に逃れて建設。周囲を岩石砂漠に囲まれた凹地に五つのオアシスが点在する。深井戸からの動力ポンプ揚水による灌漑で耕地面積は拡大したが,住民の必要を満たすにはほど遠く,物資を外部から移入する。女性の手による毛織物,絨毯などの手工業が有名。砂漠での交易活動と出稼ぎによる送金がオアシス経済を支えている。アルジェのほかの沿岸都市から移入された食料品などの小商店は,特徴のある短身短頭のムザブ人が経営するものが多い。丘の上に建つモスクを中心に階段状に密集した家並み,ヤシ園の中の住居は美しく,1982年世界遺産文化遺産に登録。人口8万 9415 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ガルダイア(Ghardaïa)

アルジェリアのサハラ砂漠北部、ムザブ地方の涸れ谷(ワジ)の西側に位置するオアシス都市。古くからサハラ砂漠の隊商路の中継地として栄え、10世紀から11世紀頃、イバード派イスラム教徒ベルベル人による拠点となった。旧市街には見張り塔の役目をもつ尖塔(ミナレット)があるイスラム寺院を中心に古い街並みが残り、周辺のエルアーティフブーヌーラベニイスゲンメリカなどの集落とともに、1982年に「ムザブの谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガルダイアの言及

【マグリブ】より

…また,塩湖の点在もこの地帯の自然景観上の特徴である。サハラ砂漠では,アルジェリアのガルダイアGhardaiaやモロッコのターフィーラールトTāfīlāltなどのオアシス周辺での,ナツメヤシを中心とする定着農業とトゥアレグ族のように水と牧草を求めての遊牧生活が営まれている。
[住民とそのアラブ化]
 マグリブには,大きく分けて三つの系統に属する人々が住んでいる。…

※「ガルダイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報