コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キアマダイ きあまだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キアマダイ
きあまだい / 黄甘鯛
[学]Branchiostegus argentatus

硬骨魚綱スズキ目アマダイ科に属する海水魚。南日本から台湾に分布し、やや深い所にすむ。全長30センチメートルに達し、体色は黄色が強く、目の下縁から上あごに走る銀白線がある。底引網で漁獲されるが、漁獲量はアマダイ中もっとも少なく、また脂肪分が比較的少なくて味も劣る。[片山正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキアマダイの言及

【アマダイ(甘鯛)】より

…スズキ目アマダイ科Branchiostegidaeに属する日本産のシロアマダイ,アカアマダイ,キアマダイの総称。体型はよく似ているが,体色が異なっている。…

※「キアマダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キアマダイの関連キーワードアマダイ(甘鯛)甘鯛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android