キクイモ(菊芋)(読み)キクイモ(英語表記)Helianthus tuberosus; Jerusalem artichoke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キクイモ(菊芋)
キクイモ
Helianthus tuberosus; Jerusalem artichoke

キク科ヒマワリ属の多年草で,北アメリカ原産。もともとその塊茎をとるために輸入されたが,花を観賞するためにも栽培され,繁殖力が強いので各地で野生状態となっている。茎は高さ 2m前後になり,葉とともにあらい毛があり,ざらつく。葉は長楕円形で,縁にまばらな鋸歯があり,大きな3脈が目立つ。茎の下部では対生し,上部では互生に変る。秋,枝を多く出しヒマワリに似た頭状花をつける。直径は 7cm内外,周辺の舌状花は 10個以上あり黄色で,中心の管状花は黄褐色をしている。細い根茎の先端に肥大した塊茎ができる。塊茎は多量のイヌリンを含み果糖製造の原料にされ,また漬物にしたり煮て食用にすることもまれにある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android