コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救荒作物 キュウコウサクモツ

4件 の用語解説(救荒作物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅうこう‐さくもつ〔キウクワウ‐〕【救荒作物】

一般の農作物が不作のときでも成育して、比較的よい収穫をあげられる作物。ソバヒエアワサツマイモなど。備荒作物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

救荒作物【きゅうこうさくもつ】

イネ,麦類など一般の作物が凶作のとき,代用として食するために栽培する作物。時代や地域により異なるがヒエ,ソバ,サツマイモジャガイモ等天候異変に強く荒地でも育成可能なもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうこうさくもつ【救荒作物 emergency crop】

凶作時にもある程度の収量が得られ,主食の代用となって飢餓をしのぐために栽培する作物。備荒作物ともいう。凶作のおもな原因には気象災害病虫害などがあり,とくに冷害や干害は広い地域で被害が発生することが多いため,事態はより深刻となる。救荒作物はこのような不良な気象条件下でも,ある程度の収量をあげるものでなくてはならない。このために,低温に強く,しかも短い夏の間にも生育を完了することのできる生育期間の短い作物であること,また,日照り続きの乾燥時にも枯れないじょうぶな作物であることが要求される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きゅうこうさくもつ【救荒作物】

凶作に備えるために栽培する作物。甘藷かんしよ・馬鈴薯ばれいしよ・稗ひえなど。備荒作物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

救荒作物の関連キーワードかすがい真空度鍬弄り採算が合う収量中破密植モビリティー小金持ゴルフソックス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone