コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救荒作物 キュウコウサクモツ

百科事典マイペディアの解説

救荒作物【きゅうこうさくもつ】

イネ,麦類など一般の作物が凶作のとき,代用として食するために栽培する作物。時代や地域により異なるがヒエ,ソバ,サツマイモジャガイモ等天候異変に強く荒地でも育成可能なもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうこうさくもつ【救荒作物 emergency crop】

凶作時にもある程度の収量が得られ,主食の代用となって飢餓をしのぐために栽培する作物。備荒作物ともいう。凶作のおもな原因には気象災害病虫害などがあり,とくに冷害や干害は広い地域で被害が発生することが多いため,事態はより深刻となる。救荒作物はこのような不良な気象条件下でも,ある程度の収量をあげるものでなくてはならない。このために,低温に強く,しかも短い夏の間にも生育を完了することのできる生育期間の短い作物であること,また,日照り続きの乾燥時にも枯れないじょうぶな作物であることが要求される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうこうさくもつ【救荒作物】

凶作に備えるために栽培する作物。甘藷かんしよ・馬鈴薯ばれいしよ・稗ひえなど。備荒作物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報