コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクイモ

栄養・生化学辞典の解説

キクイモ

 [Helianthus tuberosus].キク目キク科ヒマワリ属の植物の塊茎で,食用にする.主成分はイヌリンというD-フルクトースを主成分とする多糖.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

キクイモ

キク科の植物。草丈が2~3メートルに成長し、秋に黄色の花が咲く。食用となる地下の塊茎はしょうがに似ており、イヌリンと呼ばれる成分を多く含む。イヌリンには血糖値の上昇を抑える働きがあるとされる。(キクイモ研究会資料、農水省ホームページなどから)

(2009-06-22 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

キクイモ

北米原産のキク科多年草。肥大した塊茎がイヌリンを含むため,果糖,アルコール製造の原料家畜飼料としてかつて栽培が奨励された。高さ1〜2m。葉は長卵形で茎の下部では対生,上部では互生し,あらい毛があってざらつく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キクイモ【Jerusalem artichoke】

北アメリカ原産のキク科の多年草(イラスト)。地下茎がふくらんでできた塊茎が家畜の飼料とされる。また,イヌリンを多く含んでいるのは有名で,果糖,アルコール発酵,あめなどの原料になり,戦前に食用として日本に輸入されたものである。最近ではあまり栽培されていないが,かつては栽培を奨励されたこともあった。いもにたくさん芽があり,繁殖力が盛んで,野生化していることも多く,一度畑に植えると絶えさせることが困難なくらいである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キクイモ
きくいも / 菊芋
[学]Helianthus tuberosus L.

キク科の多年草。北アメリカ原産で、日本には江戸時代末に渡来した。茎は高さ2.5~3メートル、太さ3センチメートル。葉は楕円(だえん)形、先はとがり、長さ20~30センチメートル、茎下部の葉は対生し、上部では互生する。茎や葉の表面に粗い毛がある。秋、茎の上部がよく分枝して多数の頭状花をつける。花は径4~8センチメートル、中央に黄褐色の管状花が集まり、黄色の舌状花がそれを囲む。地下に、ショウガに似た形の塊茎が多数でき、これを食用とする。また、植物全体を家畜の飼料にする。第二次世界大戦中および戦後、救荒作物として注目されたが、現在ではほとんど栽培されず、荒れ地などに野生化している。[星川清親]

食品

塊茎の可食部の8割は水分で、糖質は15%、その半分以上は難消化性のイヌリンで、ほかはブドウ糖とショ糖である。煮たり、サラダとしてなまのまま食べるが、特有の臭気があって風味は劣り、一般には好まれない。酢漬け、みそ漬け、粕(かす)漬けなどにする。イヌリンはほかのデンプンより酸糖化が容易なので、飴(あめ)、アルコールの原料、アセトンブタノール発酵の原料にもされる。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キクイモの関連キーワード光周性(こうしゅうせい)薯蕷まんじゅう塩瀬まんじゅうキクイモモドキその他のイモ類アルコール植物ヘリオプシス青刈り飼料救荒食品食用作物栄養系一斗芋生薑芋唐芋豚芋唐薯茎芋花芋作物幹芋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キクイモの関連情報