コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクバドコロ Dioscorea septemloba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キクバドコロ
Dioscorea septemloba

ヤマノイモ科の多年生つる植物。一名モミジバドコロ。本州以南の暖地山野に自生する。地中を横にはう太い根茎から,長いつるを生じ,茎は緑紫色で毛はない。葉は長柄で5~7裂し,大型のものは長さ 15cmに及ぶ。この葉の形からキクまたはモミジが想起されてこの名がある。夏に,葉腋に花穂をつける。雄花穂は3~4本に分枝,雌花穂は単一で,ともに淡緑紫色。果実は3つの稜が翅状に突出している。種子には薄い円形の翼がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キクバドコロ
きくばどころ / 菊葉野老
[学]Dioscorea septemloba Thunb.

ヤマノイモ科の多年生つる草。モミジドコロともいう。根はヤマノイモと異なり、肥厚しない。植物体は乾くと黒褐色になる。カエデドコロに似るが、葉身は無毛で5~9裂し、葉柄の基部に小突起がなく、雄花にも雌花にも柄がない。花期は6、7月。日本の固有種で、山地の林縁に普通に生え、本州、四国、九州の暖地に分布する。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キクバドコロの関連キーワードヤマノイモ科ヤマノイモ紅葉野老

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android