コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクラゲ(木耳) キクラゲAuricularia auricula-judae

3件 の用語解説(キクラゲ(木耳)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キクラゲ(木耳)
キクラゲ
Auricularia auricula-judae

担子菌類キクラゲ目キクラゲ科のキノコ。夏秋の頃に,種々の広葉樹の幹に発生する。その形が人の耳たぶによく似ているので学名はユダヤ人の耳,漢名は木の耳の意。しかし湿った状態では寒天質で軟らかくクラゲを思い浮べるので,日本名では木のクラゲの意である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キクラゲ(木耳)【キクラゲ】

世界中に分布するキクラゲ科のキノコ。夏〜秋,広葉樹の枯木,倒木上に群生。体は人の耳たぶ状で径数cm,薄く寒天質で,かわくと軟骨質となる。上面には微細毛を密生し,下面は平滑で担子胞子をつけ,かわくと黒色になる。
→関連項目中国料理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キクラゲ【キクラゲ(木耳) Auricularia auricula (Hook.) Underwood】

担子菌類キクラゲ科のキノコ。形が耳に似るところからJew’s earともよばれる。かさは耳状,径3~6cm,厚さ2~5mm,にかわ質で湿ればこんにゃくのように柔らかく,乾くと軟骨のように堅くなる。背面は暗褐色~黒褐色で微細な毛がある。下面はやや淡色。担子柄は円筒形で,横隔膜によって4細胞に仕切られる。胞子は腎臓形で大きさは11~15×4~7μm。広く世界に分布し,日本では春から秋にかけて広葉樹の枯幹・切株などに群生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のキクラゲ(木耳)の言及

【中国料理】より

… 鹹蛋わら灰,酒,塩に水を加えたものにアヒルまたは鶏の卵を漬けこんだもの。 銀耳白キクラゲ。産額が少なく珍重される。…

※「キクラゲ(木耳)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone