コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キシャヤスデ Parafontaria laminata armigera

世界大百科事典 第2版の解説

キシャヤスデ【Parafontaria laminata armigera】

倍脚綱オビヤスデババヤスデ科のヤスデ,オビババヤスデの1亜種(イラスト)。本州中部地方の山岳部で数年に一度大発生し,線路上に現れて列車の運行を妨害したところからこの名がある。オビババヤスデは体長約3~3.5cmで,胴節数20個。無眼。背板は赤褐色でその各後縁に暗色横帯がある。小海線沿線では開通以来何度も大群による妨害が秋季にあったが,中央本線や北陸本線も被害にあっている。本州中部の森林地帯におもに分布し,初夏に交尾産卵する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キシャヤスデ
きしゃやすで / 汽車馬陸
[学]Parafontaria laminata

節足動物門倍脚(ばいきゃく)綱ババヤスデ科に属する陸生動物。本州中部地方の山麓(さんろく)で数年に一度の割合で大発生し、中央本線、北陸本線、小海(こうみ)線などで列車運行を妨害したことから名づけられた。関東地方と中部地方に分布する日本特産種である。体長30~35ミリメートル、体幅約5ミリメートル。背板は淡紅色で、各背板の後縁に沿う暗色横帯がある。胴節は20個で歩肢(ほし)は31対。腹面は黄白色。夏に産卵された卵は約1か月で孵化(ふか)し、無機質の多い腐植質を食し、ほぼ年1回脱皮して約8年後の夏に成体に達する。その年の秋に集団で地上に出現するので、大発生には8年周期がみられる。その冬を越した雌雄が翌年初夏に交尾産卵して一生を終える。ヤスデ類では長命な種である。[篠原圭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キシャヤスデの関連キーワードオビヤスデ類陸生動物土壌動物馬陸