コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キナバル山 キナバルさんGunung Kinabalu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キナバル山
キナバルさん
Gunung Kinabalu

マレーシア,ボルネオ島北東部のサバ州にある山。マレー諸島最高峰。標高 4101m。山頂ではコケ類を除き植物は生育しない。降雪はないが結氷することがある。山体結晶片岩花崗岩より成る。州政府は,観光開発に力を注いでいる。マレー語で Kinaは「中国」,baluは「寡婦」を意味し,帰国した中国人の夫を偲び,中国を遠望しようと山に登って再び帰らなかった先住民の妻の伝説がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キナバル‐さん【キナバル山】

Gunung Kinabalu》マレーシア、ボルネオ島北東部、サバ州にある山。同国の最高峰。標高4095メートル。周囲は国立公園に指定され、2000年に「キナバル公園」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キナバル山
きなばるさん
Kinabalu

マレーシア領サバ州(北ボルネオ)にあるボルネオ島の最高峰。標高4094メートル。西イリアンを除く東南アジアの最高峰でもある。島の脊梁(せきりょう)を形成するイラン山脈の北東に連なってそびえ、環太平洋島弧系に属する古い花崗岩(かこうがん)からなる。標高1500メートル付近から急傾斜をなすが、頂上は比較的平坦(へいたん)で、樹木の生育限界は3700メートルあたりまでである。1851年イギリス人のヒュー・ローHugh Low(1824―1905)が初登頂した。西麓(せいろく)にはサバ州の州都コタ・キナバルがある。[別技篤彦]

世界遺産の登録

特有の生態系を有する、キナバル山を含む国立公園が2000年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「キナバル自然公園」として世界遺産の自然遺産に登録された(世界自然遺産)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キナバル山の関連キーワードナンジャモンジャゴケサバ(マレーシア)キナバル国立公園キナバル自然公園コタ・キナバルコタキナバルポーリン温泉サバ[州]マレーシアヘミガルスキナバル

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android