コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キナバル山 キナバルさん Gunung Kinabalu

3件 の用語解説(キナバル山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キナバル山
キナバルさん
Gunung Kinabalu

マレーシア,ボルネオ島北東部のサバ州にある山。マレー諸島最高峰。標高 4101m。山頂ではコケ類を除き植物は生育しない。降雪はないが結氷することがある。山体は結晶片岩花崗岩より成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キナバル‐さん【キナバル山】

Gunung Kinabalu》マレーシア、ボルネオ島北東部、サバ州にある山。同国の最高峰。標高4095メートル。周囲は国立公園に指定され、2000年に「キナバル公園」の名称で世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キナバル山
きなばるさん
Kinabalu

マレーシア領サバ州(北ボルネオ)にあるボルネオ島の最高峰。標高4094メートル。西イリアンを除く東南アジアの最高峰でもある。島の脊梁(せきりょう)を形成するイラン山脈の北東に連なってそびえ、環太平洋島弧系に属する古い花崗岩(かこうがん)からなる。標高1500メートル付近から急傾斜をなすが、頂上は比較的平坦(へいたん)で、樹木の生育限界は3700メートルあたりまでである。1851年イギリス人のヒュー・ローHugh Low(1824―1905)が初登頂した。西麓(せいろく)にはサバ州の州都コタ・キナバルがある。[別技篤彦]

世界遺産の登録

特有の生態系を有する、キナバル山を含む国立公園が2000年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「キナバル自然公園」として世界遺産の自然遺産に登録された(世界自然遺産)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キナバル山の関連キーワードキナバル目・眼摩・磨・魔・麻ま・せるゲデ山Simpang Kinabalu

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キナバル山の関連情報