コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヌガサソウ

3件 の用語解説(キヌガサソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

キヌガサソウ

ハナガサソウとも。本州中〜北部の深山の林内にはえるユリ科の大型多年草。茎は太くてまるく,高さ30〜80cm,先端に広披針形で先のとがった葉を8〜9枚輪生。夏,葉心から花柄を出し,径7〜10cm,黄白色の花を一つつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キヌガサソウ【Paris japonica (Fr.et Sav.) Franch.】

中部地方の高山帯,亜高山帯に生育し,白い大輪の花をつける美しい高山植物イラスト)。ユリ科の多年草。地下茎は太く,エビ形にそる。茎は高さ35~75cmで,上方に7~10枚の葉を輪生する。葉は倒卵状披針形で長さ15~25cm,やや網状の脈がある。和名は輪生する大型の葉を奈良時代の貴族が用いた衣笠にみたてたもの。同様にハナガサソウ(花笠草)の名もある。花は7~8月に咲き,茎の頂端に1個つく。外花被片は平開し7~9枚あり,内側に糸状に退化した同数の内花被片がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キヌガサソウ
きぬがさそう / 衣笠草
[学]Paris japonica (Fr. et Sav.) Franch.

ユリ科の多年草。根茎は太く、横走し、径1.5~2センチメートル。茎は太く、円柱形で直立し、高さ30~60センチメートル、先端に8、9枚の葉を輪状につける。葉は広倒披針(ひしん)形または倒卵狭長楕円(だえん)形、長さ20~30センチメートル、幅3~8センチメートル。6~7月、輪生する葉の中心から短い花柄を伸ばし、1個の白色花を開き、長楕円形の外花被片(かひへん)を7~9枚、糸状の内花被片を7、8枚つける。花柱は5~9本あり、外側に反曲する。液果は卵球形で暗褐色に熟し、甘味がある。本州中北部の山地帯の林床に生える。名は、葉のつき方が衣笠を思わせることによる。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キヌガサソウの関連情報