コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヌバリ Pterogobius elapoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キヌバリ
Pterogobius elapoides

スズキ目ハゼ科の海水魚全長 11cm内外。体は暗灰色で,体側に濃褐色でその両側が淡黄色の6本の横帯がある。頭部前方には鱗がない。側線を欠く。左右の腹鰭吸盤をなしている。岩礁に普通。南日本にみられるが,東北地方にも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キヌバリ

ハゼ科の魚。体は側扁し,第1背びれは大きい。普通,黄色地に黒褐色の7本の横帯が走るが,すんでいる場所によって変異がある。体色が美しいことから絹張と呼ばれる。全長11cm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キヌバリ
きぬばり / 絹張
serpentine goby
[学]Pterogobius elapoides

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する海水魚。桃色の地色に淡黄色に縁どられた6、7条の黒色横帯がある。左右の腹びれは合一して杯状をなす。全長11センチメートルに達する。東北地方以南の日本各地に分布し、岩礁海岸の浅所にすみ、底層部で単独生活を送る。産卵期は秋冬で、付着性の卵塊を産み、雄親魚がそれを守る。冬から春に沿岸で幼魚が出現する。色彩の美しい魚で、観賞魚として水族館などで飼育される。食用にはしない。[道津喜衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キヌバリの関連キーワード島根半島海域公園地区

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android