コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヌバリ キヌバリ Pterogobius elapoides

3件 の用語解説(キヌバリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キヌバリ
キヌバリ
Pterogobius elapoides

スズキ目ハゼ科の海水魚。全長 11cm内外。体は暗灰色で,体側に濃褐色でその両側が淡黄色の6本の横帯がある。頭部前方には鱗がない。側線を欠く。左右の腹鰭は吸盤をなしている。岩礁に普通。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キヌバリ

ハゼ科の魚。体は側扁し,第1背びれは大きい。普通,黄色地に黒褐色の7本の横帯が走るが,すんでいる場所によって変異がある。体色が美しいことから絹張と呼ばれる。全長11cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キヌバリ
きぬばり / 絹張
serpentine goby
[学]Pterogobius elapoides

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する海水魚。桃色の地色に淡黄色に縁どられた6、7条の黒色横帯がある。左右の腹びれは合一して杯状をなす。全長11センチメートルに達する。東北地方以南の日本各地に分布し、岩礁海岸の浅所にすみ、底層部で単独生活を送る。産卵期は秋冬で、付着性の卵塊を産み、雄親魚がそれを守る。冬から春に沿岸で幼魚が出現する。色彩の美しい魚で、観賞魚として水族館などで飼育される。食用にはしない。[道津喜衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キヌバリの関連キーワードハゼ赤羽太胡麻鯖跳鯊泥目葉血引笛鯛真鯊藁素坊顎沙魚

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キヌバリの関連情報