コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キネ Edgar Quinet

世界大百科事典 第2版の解説

キネ【Edgar Quinet】

1803‐75
フランスの歴史家。パリ大学在学中ヘルダーの《歴史哲学》のフランス語訳(3巻)を出して認められ,ミシュレと知り合い一生の盟友となった。ハイデルベルク大学に学び,1828年にはフランス学士院の指名でギリシア調査団に加わり,帰国後《現代ギリシアと古代世界の関係について》(1830)等を著した。33年寓意詩《アースベリュス》を出したが,〈さまよえるユダヤ人〉に人類史を語らせるこの叙事詩は後にランボーにも影響をあたえた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キネ
きね
Edgar Quinet
(1803―1875)

フランスの歴史家、政治家。中流家庭に生まれ、プロテスタントの母の影響を強く受けた。ドイツ思想にひかれ、ハイデルベルクに赴き、ヘルダーの『人間史の哲学の諸理念』の仏訳を公刊(1827)、ヨーロッパ各地を旅行し、いくつかの文学作品を発表した。1836年帰国後、コレージュ・ド・フランスの教授となり(1842)、友人の歴史家ミシュレらとともにイエズス会や教皇至上主義批判の講義を行い、そのためギゾー内閣によって講義停止を命ぜられた。1848年の二月革命後、代議士として政界に進出したが、1851年のルイ・ナポレオンのクーデターによって国外に亡命、ベルギー、スイスなどで文筆活動に従事した。論文『フランス史の哲学』(1855)、主著『革命』La Rvolution(1865)ではフランス史を自由のための闘い、フランス革命をその重要な表現としてとらえ、専制を鋭く批判している。1870年の帰国後は、国民議会の議員として、政治活動を再開した。[前川貞次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キネの関連キーワード嵐 寛十郎(代数不詳)市川 百々之助市川 海老三郎歌川 八重子市川 好之助隅田 満寿代瀬川 つる子鈴木 歌子市川 幡谷瀬川 銀潮有馬 宏治秋田 伸一今村 原兵市之瀬広太砂田 駒子前川貞次郎高堂 国典実川 延松大野 三郎吉田 豊作

キネの関連情報