コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャット島 キャットとうCat Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャット島
キャットとう
Cat Island

西インド諸島北部,バハマ中部の島。 1492年コロンブスが初めて到達した新世界の地サンサルバドル島の北西にあり,長い間コロンブスが初めて上陸した島と誤認されていた。北西-南東方向に延びる細長いサンゴ礁の島で,南部にバハマ諸島の最高点 (63m) がある。主産業は野菜,果樹などの栽培,海綿採取その他の漁業で,気候に恵まれているため観光・保養地ともなっている。面積 388km2。人口 1678 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャット島
きゃっととう
Cat Island

西インド諸島、バハマ外島群の中央にある小島。面積388平方キロメートル、人口1647(2000)。バハマ諸島中もっとも肥沃(ひよく)な島で、ココナッツやサイザル麻のほか熱帯果実を産する。長い間、コロンブスが最初に上陸したサン・サルバドル島と考えられていた。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キャット島の関連キーワードFlip Video通貨偽造罪石と賢治のミュージアム証言拒否権釈明権ローマ史(年表)発展途上国ミレニアム発展目標MDGWTO

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android