キャット島(読み)キャットとう(英語表記)Cat Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャット島
キャットとう
Cat Island

西インド諸島北部,バハマ中部の島。 1492年コロンブスが初めて到達した新世界の地サンサルバドル島の北西にあり,長い間コロンブスが初めて上陸した島と誤認されていた。北西-南東方向に延びる細長いサンゴ礁の島で,南部にバハマ諸島の最高点 (63m) がある。主産業は野菜,果樹などの栽培,海綿採取その他の漁業で,気候に恵まれているため観光・保養地ともなっている。面積 388km2。人口 1678 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キャット‐とう〔‐タウ〕【キャット島】

Cat Island》西インド諸島北部、バハマ諸島中央部に位置する島。バハマ領。肥沃な地で、ココナツ、サイザル麻などを産する。観光・保養地としても人気がある。長い間、コロンブスが新世界で最初に上陸したサン‐サルバドル島と考えられていた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャット島
きゃっととう
Cat Island

西インド諸島、バハマ外島群の中央にある小島。面積388平方キロメートル、人口1647(2000)。バハマ諸島中もっとも肥沃(ひよく)な島で、ココナッツやサイザル麻のほか熱帯果実を産する。長い間、コロンブスが最初に上陸したサン・サルバドル島と考えられていた。[栗原尚子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android