コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュレル Curel, François, Vicomte de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュレル
Curel, François, Vicomte de

[生]1854.6.10. メッツ
[没]1928.4.26. パリ
フランスの劇作家。恵まれた家庭に育ち,早くから作家を目指した。 1892年,自由劇場の創立者 A.アントアーヌに送った戯曲『聖女の裏面』L'Envers d'une sainteほか2編が採用されて作家生活に入り,大勢を占めていた自然主義演劇のなかで,理知的思想劇の作者として認められた。「事実に劇的効果を加えるのではなく,観念の破局を期することによって困難な状況を解決する」というのが彼の作劇理論。ほかに『ライオンの食事』 Le Repas du lion (1897) ,『鏡の前の舞踏』 La Danse devant le miroir (1914) ,『天使の喜劇』 La Comédie du génie (21) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キュレル(François de Curel)

[1854~1928]フランスの劇作家。文明批評的な思想劇・社会劇を発表。作「聖女の裏面」「新しき偶像」「狂える魂」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

キュレル

花王株式会社が販売する化粧品のブランド名基礎化粧品、全身用化粧水、乳液、洗髪剤、ベースメイク用化粧品をそろえる。乾燥しやすく外部刺激に敏感な肌に使用する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

キュレルの関連キーワード自由劇場運動フランス演劇6月10日武田あい山口裕子日高薫

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キュレルの関連情報