コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュー王立植物園 キューオウリツショクブツエン

4件 の用語解説(キュー王立植物園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キュー‐おうりつしょくぶつえん〔‐ワウリツシヨクブツヱン〕【キュー王立植物園】

Kew》ロンドンの南西郊外、テムズ川南岸にある植物園。18世紀に作られた庭園を起源とし、1841年に王立植物園として開園。広さは121万平方メートルと広大なもので、国益と学術研究のために世界各地の植物が集められ、その数は約3万種といわれている。また、キューパレスやパームハウス(大温室)など、建築学的にも貴重な建物が残されている。2003年に、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界遺産詳解の解説

キューおうりつしょくぶつえん【キュー王立植物園】

2003年に登録されたイギリスの世界遺産(文化遺産)で、ロンドンの南西、グレーター・ロンドンリッチモンドテムズ川南岸に位置する。1759年に宮殿に併設の庭園として開設、面積は約132万m2。18世紀後半以降、植物の収集や研究に重要な役割を果たしてきた。4万種以上にも及ぶ多様な植物、豊富な文献のほか、建築学的にも重要な温室などの建物が残ある。◇英名はRoyal Botanic Gardens, Kew

出典|講談社
世界遺産詳解について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュー王立植物園
キューおうりつしょくぶつえん

キューガーデン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュー王立植物園
きゅーおうりつしょくぶつえん
the Royal Botanic Gardens, KewKew Gardens

イギリスにある世界有数の植物園。ロンドン郊外のテムズ川沿いのキュー地区にある。面積120ヘクタール。1759年にジョージ3世の母オーガスタ皇太妃が設けた植物園が起源で、1841年に王立植物園となった。初代と次代園長を務めたフッカー父子は、植物園の主たる任務が植物分類学など植物についての基礎的研究にあることを強調し、生きた植物の収集だけでなく、植物標本館や図書館の充実に努力し、文字どおり世界の植物学研究のセンターになった。園内には2万5000種の植物が栽培され、76棟の温室があり、パームハウスは有名。ほかに低温室、バラ園、ヒースガーデン、竹園などの庭や建物がある。標本館は700万点以上の標本を収蔵し、園内のジョドレル研究所を含めて75名の研究スタッフを擁する。世界各国からの客員研究員も常時多数滞在している。ここで編集される『インデックス・キューエンシス』は世界の植物学名集覧で、5年ごとに補遺を出している。園内は一般に公開され、愛好家や一般市民を対象とした各種の啓蒙(けいもう)活動も盛んである。
 なお、エジンバラにはエジンバラ王立植物園がある。1670年にできた薬草園が始まりで1889年に王立となった。面積は約25ヘクタールで、1万5000種の植物が栽培され、とくにシャクナゲとツツジのコレクションが有名。キュー植物園同様に基礎植物学の研究が主要な任務で、充実した標本館をもち、独自の研究組織をもつほか、エジンバラ大学と一体となって大学院の研究指導なども行っている。[大場秀章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キュー王立植物園の関連キーワードキューガーデンズレールガンキュー植物園キュー植物園

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キュー王立植物園の関連情報