キリンソウ(黄輪草)(読み)キリンソウ(英語表記)Sedum kamtschaticum Fisch.

世界大百科事典 第2版の解説

キリンソウ【キリンソウ(黄輪草) Sedum kamtschaticum Fisch.】

ベンケイソウ科の多年草で,葉は鋸歯があり,花は5~7月に咲き黄色で集散花序に多数群が(イラスト)。その状態から黄輪草の名がついたと思われるが,麒麟草とする説もある。日本では九州から北海道に分布し,変異が多い。江戸時代から栽培される。北海道産のものはエゾキリンソウと呼ばれ,はよく分枝し,下部は木質化する。越冬芽は地上で形成し,地下に走出枝を出す。本州の海岸のキリンソウは直立し,高さが30cmくらいになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android