コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリンソウ(黄輪草) キリンソウSedum kamtschaticum Fisch.

1件 の用語解説(キリンソウ(黄輪草)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キリンソウ【キリンソウ(黄輪草) Sedum kamtschaticum Fisch.】

ベンケイソウ科の多年草で,葉は鋸歯があり,花は5~7月に咲き黄色で集散花序に多数群が(イラスト)。その状態から黄輪草の名がついたと思われるが,麒麟草とする説もある。日本では九州から北海道に分布し,変異が多い。江戸時代から栽培される。北海道産のものはエゾキリンソウと呼ばれ,茎はよく分枝し,下部は木質化する。越冬芽は地上で形成し,地下に走出枝を出す。本州の海岸のキリンソウは直立し,高さが30cmくらいになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone