コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーリス人 ドーリスじん Dōrieis; Dorians

2件 の用語解説(ドーリス人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーリス人
ドーリスじん
Dōrieis; Dorians

前 1100年頃から前 1000年頃にかけて,最も遅れてギリシアに侵入してきたとされている古代ギリシア民族の一派。エリスラコニアアルゴスコリントシキュオンエピダウロスメガラアイギナ,さらに海を越えてクレタメロス,テラ,小アジア沿岸などに定住した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーリス人
どーりすじん
Dorieisギリシア語

古代ギリシア人の一種族。ミケーネ時代にギリシア本土の北辺エペイロスマケドニア南西部に住み、ドーリス方言を話し、ヒレイス、ディマネス、パンフィロイの三部族からなる氏族制度により組織されていた。ミケーネ王国の崩壊に乗じて紀元前1125年ごろから南下を始め、中部ギリシアのドーリス地方を経て、前10世紀のなかばごろまでにペロポネソス半島の大部分を征服。アッティカへの侵入には失敗したが、前10~前9世紀にクレタ島以下エーゲ海南部の島々と小アジアのドーリス地方に植民した。先住民は、しばしば隷属民化された。ドーリス人のペロポネソス半島への侵入は、伝承ではヘラクレスの子孫の帰還物語と結び付けて記憶された。彼らは鉄製の武器をもたらしたが、その文化は未開で、ミケーネ文明にはるかに及ばなかった。なお、わが国では「ドーリア人」ともよばれるが、「ドーリア」というギリシア語はなく、「ドーリス人」を意味する英語のDoriansに由来するものと考えられる。[清永昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーリス人の関連キーワード薔薇物語ファイラカ島ベーダ時代鬼も十八番茶も出花箸が転んでもおかしい年頃ヴェーダΤίρυνςルプレヒト教会アルバリードバルトーク:ソナティナ/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone