アリスティッポス(英語表記)Aristippos

世界大百科事典 第2版の解説

アリスティッポス【Aristippos】

前435ころ‐前355ころ
北アフリカ,キュレネ生れのギリシア人哲学者。アテナイに来て修辞学の教師となるが,ソクラテスと知り合って,快楽に支配されず,むしろ快楽を享受すべきであるという態度を学び,それを人間の無上の幸福とした。快楽主義を説くキュレネ学派の祖といわれているが,真の創始者は同名の孫だと考えられている。【大沼 忠弘】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アリスティッポス【Aristippos】

前435頃~前355頃) 古代ギリシャの哲学者。小ソクラテス学派の一人で快楽主義を唱導、キュレネ学派の祖となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリスティッポス
ありすてぃっぽす
Aristippos
(前435?―前335?)

古代ギリシアの快楽主義の哲学者。アフリカ北岸キレネの生まれ。ソクラテスを慕ってアテネに渡り、さらにシチリア島の宮廷などで生活したのち、故郷にキレネ学派を開いた。ソクラテスは快楽を避けることもそれに負けることもなかったが、師のそのような面を彼は継承したとみられる。遊女ライスとの仲をなじられて、「ライスを抱くが抱かれはしない。最善なのは、楽しまぬことではなく、楽しみを支配して負かされぬことだ」と答えたという。[田中享英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アリスティッポス

(Aristippos) 古代ギリシアの哲学者。はじめソクラテスに師事、のちキュレネ学派を開く。人生の目的は現在を楽しむ肉体的快楽であり、そのためには過去、未来にわずらわされない識見が必要であると説いた。(前四三五頃━前三五五頃

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアリスティッポスの言及

【快楽主義】より

…一般には肉体的快楽,とくに性的快楽を追求する立場をいうが,哲学史的には,何を快楽とするかは,各体系によって異なる。ソクラテスの弟子アリスティッポスは,人生の目的を快楽の追求とした。ただしこの快楽とは肉体的放縦の所産ではなく,逆に魂による肉体的欲望の統御から生まれると考えた。…

【キュレネ学派】より

…北アフリカのギリシア都市キュレネに起こった快楽主義哲学を奉じる学派。ソクラテスの弟子アリスティッポスの創立とされているが,その孫のアリスティッポスが始めたという説が有力。現在の一瞬だけを実在とみなし,人生の目的を今この時の快楽の追求におく。…

※「アリスティッポス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android