コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンカジュー Potos flavus; kinkajou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンカジュー
Potos flavus; kinkajou

食肉目アライグマ科。体長尾長とも 50cm内外。体は全体が黄褐色で,鼻が黒みがかる。頭は丸く,耳のつけ根は左右に広く離れている。雑食性であるが果実を特に好み,それを食べるに適した長い舌をもっている。また,長い尾で物に巻きつくことができる。夜行性。ほとんど樹上で生活し,昼間は樹洞などにひそむ。行動は比較的緩慢。人間に馴れるのでハニーベアなどの名でペットとして売られている。中央アメリカメキシコブラジルなどに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キンカジュー(kinkajou)

アライグマ科の哺乳類。樹上で暮らし、体長約50センチ。尾が長く、枝などに巻きつけることができる。毛は柔らかで、褐色。夜行性。果実を主食とする。中南米森林に分布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

キンカジュー【kinkajou】

巻きつく長い尾をもつ食肉目アライグマ科の哺乳類(イラスト)。メキシコ南部からブラジルまでの森林にすみ,各地でjupara,jupura,potto,mico de nocheなどと呼ばれる。体長42~58cm,尾長40~56cm,体重1.4~2.7kg。吻(ふん)が短く目が離れていて頭が丸く,耳介が小さい。胴は長くがんじょうで四肢が短い。蹠行(しよこう)性で指は前・後足とも5本,鋭いかぎづめをもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

キンカジュー【kinkajou】

アライグマ科の哺乳類。体長50センチメートル 内外、尾長もほぼ同じ。毛は羊毛状で厚く、黄灰色。尾は太く長い円筒形で、枝などに巻きつけることができる。夜行性で木登りがうまく、果実・昆虫・小動物・鳥などなんでも食べる。中南米の熱帯雨林に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンカジュー
きんかじゅー
kinkajou
[学]Potos flavus

哺乳(ほにゅう)綱食肉目アライグマ科の動物。メキシコ南部からペルー、ブラジルにかけて分布する。頭胴長42~58センチメートル、尾長40~56センチメートル。頭は丸く、耳は小さい。前肢より後肢が長い。尾は長く、クモザルのように物に巻き付け、体を支えられる。毛は短く柔らかで、密生する。体は褐色で、個体により濃淡がある。森林の樹上にすみ、夜間活動し、数頭が行動をともにすることもある。主食は果実で、昆虫、卵のほか、蜂蜜(はちみつ)も食べ、長い舌が採食に役だつ。妊娠期間は4か月弱で、1頭まれに2頭の子を樹洞内で出産する。動物園で飼育されることも多く、23年間の長期飼育例がある。名は、ブラジル地方での呼び名に由来する。[祖谷勝紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キンカジューの関連キーワード熱帯雨林クモザル木登り昆虫

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キンカジューの関連情報